LEXUS、車を通じた体験型ラグジュアリーを提案

FASHION HEADLINE / 2014年8月19日 20時0分

メルボルン・カップ・カーニバル

世界のラグジュアリー市場の中で、旅行や芸術、グルメといった体験型ラグジュアリーが注目を集める中、「レクサス(LEXUS)」が今秋、ブランド体験型旅行の提供をスタートする。

「LEXUS AMAZING EXPRIENCE オーストラリアツアー」は10組限定で販売。レクサスの掲げる“Progressive Luxury”を具体化した特別なバカンス体験として、レクサスに乗って、太古の自然が残る森ヤラバレーでドライブを満喫したり、世界中のセレブリティが集まる競馬の祭典「メルボルン・カップ・カーニバル」やアートイベント“Sculpture by the sea”に参加したり、世界で活躍する日本人シェフ”Tetsuya’s”のスペシャルディナーを堪能したり出来る。希望者限定でハット パーソナルコーディネートも受け付ける。日程は、11月2日から11月9日までの5泊8日で、エコノミークラスが85万円、ビジネスクラスが135万円(いずれも1名分/2名1室利用)。

また、ヴォーグジャパン誌とのコラボレーション企画「LEXUS×VOGUE JAPAN AMAZING EXPERIENCE TOUR」も登場。大人の女性をターゲットに、モダンとヘリテージが交差する金沢から能登半島までの道のりをLEXUSでドライブする中で、日本の伝統と触れ合うことが出来る。ドライブの途中には、「革新的で驚きに満ちた体験を“大人の遊び”として提供する」をコンセプトとしたイベントとして、大樋焼の窯元・大樋年雄が提案するモダンなお茶会、能登の伝統漆作家・赤木明登の工房見学、森脇慶子セレクトの石川を代表する食文化体験などの企画が用意されている(募集終了)。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング