ファセッタズムとやくしまるえつこの共同プロジェクト発足。コラボアイテム登場

FASHION HEADLINE / 2014年9月4日 10時0分

「ファセッタズムヤクシマル」Tシャツ

「ファセッタズム(FACETASM)」とやくしまるえつこが、共同プロジェクト「ファセッタズムヤクシマル(FACETASM YKSMR)」を設立。新たにコラボレーションアイテムを展開することを発表した。

やくしまるえつこは音楽家として、「相対性理論」「やくしまるえつこ と d.v.d」などのプロジェクトを手掛ける傍らで、ドローイングやインスタレーションなどの作品を発表。ファセッタズムとは、ライヴ衣装やコラボグッズの制作などで、以前から交流があった。

プロジェクトの第1弾では、Tシャツ5枚(7,000円)とキャップ(7,560円)を発売。それぞれ、ドローイングによってやくしまるの世界観を表し、そこに14-15AWシーズンのファセッタズムのデザインを取り入れた。

プロジェクトのスタートにあたり、やくしまるえつこさんは「いつだったか頭をぶつけて、走馬灯の中に見つけた知らない街。知らないはずなのに懐かしくて、ほとんど余白みたいな場所なのに、そこに歴史があったことを知っていた。フラッシュバックする未来の遺跡発掘作業、始めます」とコメントを発表している。

また、ファセッタズムのデザイナー落合宏理氏は「昨年、発表されたアルバム “TOWN AGE”。TOWNという言葉は当時、僕の心境に多大な影響を与えてくれるものでした。そして、ここから始まるコラボレーションは、やくしまる氏と僕らの中で交わるTOWN感だったりするんです」と話している。

9月5日に東京ドームシティホールで開催される相対性理論のライヴ「回折I」では、Tシャツ5点が先行販売される予定。その後、キャップとともに10月上旬からTOKYO CULTUART by BEAMSなど、全国で販売される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング