今の時代を楽しむ着物ショップ「結城 澤屋」オープン。オリジナル結城紬など提案

FASHION HEADLINE / 2014年9月11日 15時0分

着物ショップ「結城 澤屋」

奥順は、オリジナルの和装商品を中心に展開する着物ショップ「結城 澤屋」を9月14日にオープンする。住所は茨城県結城市結城12-2。

奥順は産地問屋として明治40年の創業以来、結城紬の発展に寄与。近年では結城紬ミュージアム「つむぎの館」のオープンや、ショールブランドの展開など、新たな分野にも挑戦している。パリのテキスタイル見本市「プルミエール・ヴィジョン」にも3年連続で招待を受けた。

その奥順が結城紬の産地である茨城県・結城市に、着物の店「結城 澤屋」をオープン。“あらためてきものに出合う”をコンセプトに、オリジナルの結城紬の他、作家や他産地とのコラボレーションによる帯や小物などを展開。“今”の時代を楽しむ着物をトータルコーディネートで提案していく。

その他、着付けなど和にまつわるセミナー、産地見学会、着物でのお出掛けイベントなども定期的に開催する予定。産地ならではの品質を強みに、着物をより身近に感じられる店を目指していく。

結城紬は茨城県結城市を中心に受け継がれ、2,000年の歴史を持つと言われる絹織物。蚕を真綿という状態にするところから機織りまでをすべて手仕事で行う製作工程は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング