日本人が作るNY発ランジェリー「リリピアーチェ」、日本初の限定ショップオープン

FASHION HEADLINE / 2014年9月15日 19時0分

「リリピアーチェ」が伊勢丹新宿店でポップアップショップをオープン

ランジェリーブランド「リリピアーチェ」が、日本初となるポップアップショップを伊勢丹新宿店本館3階マ・ランジェリーで開催する。9月17日から9月29日まで。

日本の服飾専門学校時代の同級生のデザイナー3人でニューヨーク発のランジェリーブランドとして創設したリリピアーチェ。3人は卒業後、それぞれ婦人服、ランジェリーデザイナー、パタンナーとしてキャリアを積み、旅行で何度か訪れたエネルギッシュでなニューヨークに惹かれ、渡米した。

彼女達は、クリエーションに世界中の人達に自分達のデザインするランジェリーを着てほしい、日本の良質の素材、日本が誇る物作りへのこだわり、技術、テクノロジーを伝えたい、そんな思いを込めているという。

シルクやオーガニックコットンなどの天然素材、フランス、日本のリバーレースなどの素材の美しさを生かした、フェミニンでラグジュアリーなデザインが特徴。米国では高級ランジェリーショップの「ジョアネル(journelle)」を始め、セレクトショップ「アンソロポロジー(Anthropologie)」のブライダルライン「BHLDN」などでも取り扱われている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング