ユニクロ×アンダーカバーUU復活。キッズ・ベビー事業大幅拡大、商品約1.5倍増に

FASHION HEADLINE / 2014年9月19日 12時0分

ユニクロ×アンダーカバーUU復活。キッズ・ベビー事業大幅拡大、商品約1.5倍増に

「ユニクロ(UNIQLO)」は14-15AWコレクションより、キッズ・ベビーラインのアイテム数、取り扱い店舗を大幅に拡大、メンズ・ウィメンズに並ぶ本格的な商品展開を行うことを発表した。

ユニクロは1997年からキッズ、2002年からベビー商品の展開を開始。今シーズンからは、顧客から寄せられた意見をもとに、「動きやすく・素材は心地よく・着やすく脱ぎやすく・デザインを楽しく・安心で安全に」をコンセプトとし、子供ならではの動きや身体特徴を研究。既に今年8月末より、取扱い店舗を426店から679店へ1.6倍拡大。各店舗の売り場も広げ、より買い物を楽しみやすい店内レイアウトに変更。また、地方などに多く展開している小型店舗においても取り扱いをスタートする。売り上げ目標も昨年比の約2倍に掲げた。

商品アイテムも約300型から450型へ約1.5倍に拡大。デイリーウエア、ヒートテックなどのインナー、ルームウエアなど、昨年よりも色柄豊富に展開。特に、ガールズ商品は顧客の要望に答えて、ワンピースやスカート、カーディガンなど、女の子らしいラインアップが増え、カラーバリエーションも充実。ボーイズ・ガールズアイテムの価格は、アウター・ワンピースが1,990円から、ボトムが1,500円から、トップスが790円から、新生児用オールインワンが990円からなど。

更に、今後はディズニーを始めとする数々のキャラクターやブランドとのコラボレーション企画も行っていく予定。第1弾として、「ヘルムートラング(Helmut Lang)」のデザイナー、アレクサンダー・プロコフ(Alexandre Plokhov)とコラボレートした「URBAN SWEATS」を発表。街でスタイリッシュに着られる子供服を提案する。更に、2012年に人気を博した「アンダーカバー(UNDERCOVER)」とコラボレートした「UU」がキッズ・ベビーで10月末より復活することも発表された。

新素材の開発にも注力。キッズ&ベビーラインとしては初めて東レと共同で新素材を開発した。この新素材は、ポリエステル繊維を特殊加工したボール型の「ダウンボール」と呼ばれる中綿で、非常に軽く、保温性に優れている。それに加えて耐久性が強いことも特徴で、汚れを気にせず気軽に洗い、着回すことが出来る。同素材を使用したアイテムにはコートやジャケット、パーカ、ベストなどが登場。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング