架空の300種ブックカバー展開催。シルクスクリーンワークショップも

FASHION HEADLINE / 2014年10月6日 16時0分

約300人のブックカバー展、渋谷で開催

「約300人のブックカバー展」が、渋谷パルコ パート1地下1階の「ギャラリーX」及びロフト(LOFT)渋谷店及びにて10月14日(ロフトは16日)まで開催中だ。

第1回を大阪・梅田のロフト、第2回を渋谷パルコパート1のロゴスギャラリーで開催し好評を博した「架空の本屋さんの、架空のブックカバーの展覧会」。今回は「こんな本屋さんがあったらいいなぁ」とイラストレーターやデザイナーから作家やショップ、会社員や学生まで約300人が考えたブックカバー約300種を展示・販売する。

ブックカバーを手掛ける孔版印刷専門の印刷会社「レトロ印刷JAM」による、簡単シルクスクリーンワークショップも開催。自宅でも出来るシルクスクリーントイ(TOY)を用いて、無線綴じノートか布のブックカバーに好きな図案を選んで印刷出来る。10月11日の12時から14時まで渋谷ロフト7階のロフトフォーラム、15時から18時までギャラリーXで実施。予約不要で参加費は1,000円。

インターネットラジオ「ホナガと千原のヤギさんラジオ」の公開収録も13日17時よりギャラリーXで行う。ダンスパフォーマーのホナガヨウコとアートディレクターの千原徹也が荻窪のブックカフェ「6次元」のナカムラクニオをゲストに迎え、本や書店、人や場所、イベント等多岐にわたるトークを繰り広げる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング