H&Mとのコラボいよいよ発売。アレキサンダー・ワンにインタビュー

FASHION HEADLINE / 2014年11月6日 8時30分

アレキサンダー・ワン氏。「Alexander Wang × H&M」のローンチイベントで披露されたランウエーショーにて

H&Mは、「アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)」とのコラボレーションコレクション「Alexander Wang × H&M」を11月6日10時に発売する。

発売前から既に話題のこのコラボについて、アレキサンダー・ワン氏にメールでインタビュー。コレクション製作について聞いた。


――このコラボレーションのことを聞いた時、提案を受け入れることを即座に決められましたか?

私達はこの件について以前より話をしており、今シーズンはコラボレーションに最適な時期であるように思います。H&Mの10周年記念の仕事を出来ること、またH&Mとコラボレーションする初のアメリカ人デザイナーになることはとてもわくわくしますし、光栄に思っています。世界中のH&Mのファンに、アレキサンダー・ワンというブランドが現在どこに存在しているか、またどんなことをしているかを伝えるには適切な時期だと思います。

――H&Mと一緒にコレクションを作っていく中で、何か新しい発見や学びはありましたか?

私はいつも、性能とスポーツウエアを元にしたコレクションを作りたいと思っていました。最新技術を使った繊維や革新的な構造に私がいつも刺激を受けて興味を持っていることが、その理由です。これらの素材や新しい技術を使って仕事をすること、また私達の感性で作品をデザイン出来ることは素晴らしいことです。

私は、性能的な面だけではなく、見た目も考えられている機能的な服が大好きです。 時には製造方法を工夫し、防風・防水パーカーのようなシンプルな見た目で無駄なく縫製されたものを作るときも、またある時には、新しい技術を使ってデザインを更に良いものにすることもありました。例えば空気を注入させて非常に映える立体的なクロコ模様を生み出したニットなどです。このような新しい技術や製造方法を学ぶことが出来たのは、非常に素晴らしい経験でした。

――発売するデザインやコレクションのラインアップをどのように決めましたのでしょうか?

私はこのコレクションでトータルなワードローブを提案し、「Alexander Wang × H&M」コレクションで頭からつま先まで美しく飾れるようにしたいと考えました。また、運動するために機能性の高い服を求めるとか、街中で着るために都会的な要素が欲しいとか、友達と出掛けるためにお洒落をしたいとか、シーンやニーズに関わらず、出来るだけ多くの人にこのコレクションを利用して欲しいとも思いました。入念にこのコレクションを編集したので、すべてのアイテムが(コレクションの構成において)重要な意味を持っています。

――あなたのコレクションを、どのような人に着て欲しいですか?

H&M の素晴らしいところの一つは、このような大衆的なブランドによって世界中の多くの人がファッションを楽しむことが出来るようになったことです。私は特定のタイプの人を思い浮かべずにこのコレクションを作りました。誰がどんな作品を購入するのか、どんな風に着てくれるのか、発売が待ちきれません。


毎回発売されると即完売するアイテムが続出する、H&Mとデザイナーによるコラボコレクション。その10年間の歴史をまとめた本も、11月6日に発売となる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング