3階に上がると、そこは雪国だった…アディアム、伊勢丹で川端康成コレクション展開。フロアの底が白くなった

FASHION HEADLINE / 2014年11月27日 11時45分

3階に上がると、そこは雪国だった…アディアム、伊勢丹で川端康成コレクション展開。フロアの底が白くなった

「アディアム(ADEAM)」は、伊勢丹新宿店本館3階ザ・ステージ#3でポップアップショップを11月26日にオープンした。同店限定コートをはじめ、最新の15SSコレクションまで紹介している。12月2日まで。

14-15AWのインスピレーションの源は“伝統的な日本美”。川端康成の小説『雪国』からインスパイアされたアイテムを紹介する。芸者の抜き衣紋をイメージしたネックラインのワンピース、袴のシルエットを意識したマキシスカートなどは、同小説のヒロイン・駒子のワードローブが現代にタイムスリップしたという想定でデザインされたという。

会場には伊勢丹限定のコート(58万円)も登場。カラーはホワイト系とブラック系があり、コートの上半分はラム素材、下半分はミンク素材で、シンプルながらもエッジがきいている存在感あるアイテムだ。

同小説の主人公・島村からインスパイアされたファッションアイテムも紹介。小説の舞台となる1930年代は、英国紳士服が東京を中心に流行した時代でもあり、小説家であった島村も英国スタイルに興味を持ち得たのではないかとの仮説から、当時の最新ファッションであったテーラードスーツやチェスターコートの要素を取り入れたルックも展開している。

また、15SSリゾートコレクションも一部先行販売している。15SSは「わび・さび(侘・寂)」がテーマ。サマーニット(8万2,000円)の前身頃には、茶室から障子越しに外を眺めたビジュアルが表現されている。

同ブランドデザイナー・前田華子氏は今回のイベントについて、「学生時代に川端康成や谷崎潤一郎を好んで読んでいた。その中でも今回は『雪国』の世界観を表現したく、生地も大正時代の着物を原点にして、フランスのヒュレルと開発。伊勢丹新宿店のお客様は感度の高い方が多いので、自分のブランドをより多くの方に見て頂きたい」とコメント。会場は雪国の舞台を表現するため、床一面が白く、ショップ入り口の同ブランドロゴにも雪が降りしきる様が演出されている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング