ミュベール、カルヴェン、ディーゼルなど手掛ける新鋭アーティスト「アホネン&ランバーグ」

FASHION HEADLINE / 2014年12月2日 22時0分

「アホネン&ランバーグ」(左から)アンナ・アホネン、カタリーナ・ランバーグ

「ミュベール(MUVEIL)」の旗艦店「GALLERY MUVEIL」で11月28日から、女性デザインデュオ「アホネン&ランバーグ(AHONEN & LAMBERG)」の展覧会が開催されている。期間は12月4日まで。

アホネン&ランバーグは、フィンランド出身のアンナ・アホネン(Anna Ahonen)とカタリーナ・ランバーグ(Katariina Lamberg)によって2006年に立ち上げられたパリを拠点に構えるデザインスタジオ。主にクリエーティブコンサルティング、ビジュアルアイデンティティー、グラフィックのデザインなどを行い、「カルヴェン(CARVEN)」「ラコステ(LACOSTE)」「シャルル・アナスタス(Charles anastase)」などを始めとする様々なファッションブランドや著名雑誌、新進気鋭アーティストなどと幅広く仕事をしている。

今回、アホネン&ランバーグが手掛けたミュベールのバッグ「アルブル(ARBRE)」シリーズのクリスマス限定モデルは、ミュベールの“M”と“V”をモチーフにモノグラムにデザインしたもの。

本展を機に来日した2人に話を聞いた。「デザインにおいて1番大切にしていることはコミュニケーション。“お互いをリスペクトし合えて初めて新しい良いものが生まれる”という理念は一緒に仕事をするクライアントを決める条件でもあります」とアホネン氏。ランバーグ氏は「それは私達自身にも言えることで、日々2人で一緒に居ても常に新しい発見がありますし、お互いを刺激し合える関係でこれからも居続けることはとても大事」と話す。「デザインのインスピレーション源は日々の生活の中に潜んでいて、見るものすべてがデザインソースなんです」とアホネン氏は続ける。

今後について、「この会場にも展示しているフランス人シンガーソングライター、ケレン・アンのアルバムジャケットを始め、積極的に音楽関係者との活動を視野に入れています。また現在は雑誌、特にカルチャー誌にもとても興味があります」とコメントした。

同展では、彼女達の得意とする有機的なモチーフをデジタル処理で抽象的に表現した、クリーンで洗練された作品約50点が一堂にそろっている。通路入り口で最初に迎えるのは「ディーゼル(DIESEL)」13SSシーズンに手掛けたプリント柄のアートワーク。続いて、「ジョンローレンスサリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」やパリのセレクトショップ「マリア・ルイーザ(MARIA LUIZA)」のルックブック、ファッション・カルチャー誌『ドシエ(Dossier)』のアートディレクションを手掛けたページなどを一つの額にコラージュした作品が並ぶ。整列する12個のロゴ作品は、これまで彼女達が仕事を行ってきたクライアント名だ。

2人の手掛けたクリスマス限定アイテムはGALLERY MUVEILで取り扱い中。S、Mの2サイズのトートバッグとクラッチバックはいずれもネイビー、ホワイトの2色展開。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング