スウェーデン漁師から学ぶ冬の過ごし方。カニエ、ジェイ・Z愛用「ストゥッテルハイム」日本初上陸

FASHION HEADLINE / 2014年12月3日 7時30分

「Stockholm Opal Coat」(4万5,360円)

コンセプトショップ「221RESTR」は12月1日、大阪店及び公式のショッピングサイトでスウェーデン発のブランド「ストゥッテルハイム(Stutterheim)」の取り扱いをスタートした。

ストゥッテルハイムはレインコートやアクセサリーなどを展開する、スウェーデン発のアウターコートブランド。デザイナーのアレキサンダーが、漁師だった祖父の愛用していたコートを偶然見つけたのがブランドの始まりとなった。日本では今回が初めての出店となる。

ストゥッテルハイムではレインコートを元に、伝統スタイルのアウターコートをアップグレード。素材にラバーコーティングを施したコットンを使用することで、防水性と耐風性を備えるとともに、高い耐久性を実現させた。ミュージシャンのカニエ・ウェスト(Kanye West)やジェイ・Z(Jay Z)なども愛用しており、レインコートを普段使いに着まわせる、スタイルなデザインに仕上げている。なお、全体的に大きめなサイズ感になっているため、普段のサイズより1サイズ下を選ぶのがお薦めとのことだ。

「Stockholm Opal Coat」(4万5,360円)は光沢のあるブラックが艶やか。一方、「Stockholm Coat」(3万6,700円)はブラック、レッド、グレーの3色を展開する。シックなカラーリングとその機能性で、厳しい気候下でもスタイリッシュに過ごせそうだ。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング