素敵な宝物を見つけるために必要なこと。友くんとパリ蚤の市散歩--後編【パリ特集】

FASHION HEADLINE / 2014年12月3日 20時30分

清水友顕さん

五つの蚤の市を回って集めた戦利品を前に、パリ蚤の市のスペシャリストである清水友顕さんに、その魅力や買い物の際のポイントを聞きました。

――清水さんにとって、蚤の市の魅力は?

様々なアイデアの宝庫であり、発見が尽きないことです。現在まで大切に扱われ、その姿を留めているところに驚きと感動があり、長い時間を経て残ってきた物へのリスペクトと感謝の念が生まれます。保存状態の悪い場合は、オリジナルの姿に最大限近付ける作業も楽しいです。古くても使えるものが沢山存在することを気付かせてくれ、現在の世界的な過剰生産・消費について考えるきっかけを与えてくれるのが蚤の市です。

――蚤の市に行く時の必需品は?

まず、あまり良い恰好でいかないこと。値段言い値のことがほとんどなので、お金持ちに見えるとふっかけられる可能性がありますからね(笑)。買ったものを梱包する新聞紙やショッパーも用意されていないことが多いので、持参すると安心です。

――お店で気を付けることは?

まず、お店の人と挨拶すること。それでだいぶ印象が違います。商品には、触っていいいか聞いてから触れると、更に印象がいいですよ。観光の場合写真を撮りたくなりますが、それも許可をもらってからにしましょう。

――正直、ガラクタばかりに見えるのですが、どうやったら素敵なものが見つけられるのですか?

一番重要なのは、何度も通って、全部の商品を見ること。私の場合、週5日マーケットに行くこともあります。返ってから商品に傷があるのを発見したり、高値で買ってしまったり、失敗することもあります。ですが、そういう経験を繰り返して良い買い物が出来るようになるのだと思います。私の場合、マーケットに来てつい舞い上がって買ってしまうことも今でもあるので、日々勉強中です。

――戦利品は、持ち帰って丁寧にケアされるそうですが、その時に活躍するアイテムは?

メラミンスポンジと、フランス製の金属用の研磨洗剤各種、ベンジンです。洗剤はベー・アッシュ・ヴェー (BHV)という百貨店でよく購入します。

――マーケットの開催情報はどうやって入手する?

ネットで発見することが多いです。vide-greniers.orgやbrocabrac.frをよくチェックします。


清水さんは、12月5日より代官山のショップ「プピ エ ミミ(pupi et mimi)」で蚤の市イベントを開催予定。パリのビンテージの魅力を感じに出掛けてみたい。

【イベント情報】
蚤の市イベント in pupi et mimi
会期 : 2014年12月5日から12月10日 ※12月8日は定休日
住所:東京都渋谷区猿楽町13-5 代官山ステラハウス1-A

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング