映画『ディオールと私』が一部ビジュアルを公開、カメラが禁じられたメゾンの姿が明らかに

FASHION HEADLINE / 2014年12月11日 21時0分

ドキュメンタリー映画『ディオールと私』の最新ビジュアル

15年3月に公開を予定しているドキュメンタリー映画『ディオールと私』から、その場面写真の一部が公開された。

この作品は12年にラフ・シモンズ(Raf Simons)が「ディオール(Dior)」のアーティスティックディレクターに就任してから、パリコレクションで新作を発表するまでの8週間に迫ったもの。47年の設立以来、初めてメゾンへのカメラの立ち入りが許されたことで、業界では大きな話題となった。

悩ましい表情でドレスを見つめるシモンズ、その制作を支えるスタッフ、ショーに立つモデルとその裏側。公開されたビジュアルでは、ブランドに携わる人々の素顔が明かされている。これらが一連の物語となって、一体どんな作品となるのか。ディオールのファンならずとも、ぜひとも注目しておきたい。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング