6月開催のピッティはクレイグ・グリーンと新生ロベルト カヴァリ、田辺ヒロシがKラガーフェルドとイラスト競演イベント【ピッティ・ウオモ94】

FASHION HEADLINE / 2018年4月21日 13時0分

2018年6月12日から15日までイタリア・フィレンツェのフォルテッツァ・ダ・バッソで開催される第94回ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGENE UOMO)のメインプログラムの概要が発表された。

ゲストデザイナーとしてロンドンをベースに活躍しているクレイグ・グリーン(Craig Green)、スペシャルゲストとしてロヴェルト カヴァリ(Robert Cavalli)がポール・サリッジ(Paul Surridge)によるメンズウエアのファーストコレクションとなる2019年春夏コレクションがランウェイ形式で発表される。

クレイグ・グリーンはロンドンのセントマーチン大を卒業後2012年にブランドをスタートし、クリストファー・ネメス、ジョン・ガリアーノ、アレキサンダー・マックイーン、フセイン・チャラヤン、ガレス・ピューなど英国らしいアーティスティックなクリエーションで注目を集めてきた。ドーバー ストリート マーケットで毎シーズン展開されるコレクションはカルト的なファンを抱え、シグニネチャーであるワークジャケットの再解釈と、この数シーズンのユニフォームをテーマにした作品はメンズファッションのトレンドにも大きな影響を与えている。2017年にはモンクレールとのコラボも発表、ロンドンの新星に期待がかかる。

フィレンツェをホームタウンとするロベルト カヴァリが、メンズコレクションのワールドローンチで地元に凱旋する。2015年にイタリアの投資ファンドに買収された同ブランドの復興を委ねられた新デザイナーのポール・サリッジは2018年春夏コレクションのウィメンズで、同ブランドの遺産を受け継いだ新たなラグジュアリーのデイリーウエアを提案。今回ピッティ・ウオモで、都会的なブランドのライフストーリーを引き継ぎ、新しいメンズスタイルを披露する。

さらにピッティ・ウオモの期間中から7月22日までサンタ・マリア・ノヴェッラ教会において、ロシアで6月14日に開幕する サッカーワールドカップ2018に合わせて企画展「ファナティック・フィーリングス/ファッション・プレイ・フットボール(FANATIC FEELINGS - Fashion Plays Football)」を開催する。同イベントには日本からイラストレーターの田辺ヒロシが、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)と並んでイラストレーションで参加。サッカープレイヤーがファッション界の黎明期よりテーラリングとスポーツウエアの融合を促し、ファッションに先駆的な影響を与えてきた事実にフォーカスする。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング