日本茶や紅茶に中国茶、ハーブティー...世界のお茶が集まるイベントが青山で開催

FASHION HEADLINE / 2018年10月29日 12時0分

「Tea for Peace -03」が青山・国連大学中庭で開催

日本全国、世界のお茶が集まるイベント「Tea for Peace」の第3回目となる「Tea for Peace -03」が、青山・国連大学中庭にて11月10日と11日の2日間開催される。


今年3月に第1回目を開催したこのイベントは、日本茶だけでなく紅茶や中国茶、ハーブティーやスパイスに渡るまで幅広い茶の愉しみ方を提案する。騒々しい日常から離れ、茶を一服することで生まれる時間や豊かさをこれからも忘れることのないように、またこれからも広がり続けるようにという願いが生んだ、多様性に溢れる茶の祭典。

前回好評だった、会場内で日本全国・世界から集まったお茶を自由に飲み比べることのできるオリジナル試飲カップ「飲み比べカップ」(1,000円)はリニューアルして再登場。台湾で選んだ薄い磁器の茶杯は、繊細な飲み口で風味を邪魔しない。


パンとお茶のペアリングを楽しむ企画も実施。不思議と出会うことのなかった、生活の中にある「パン」と「お茶」2つの要素が、楽しい驚きをくれる。「bricolage bread&co.」の5つのパンと、「The Tea Company」の5種のお茶を茶の淹れ手とベーカーの案内によって合わせていく。完全予約制にて、予約は専用ページ(https://bricolage-teacompany.peatix.com/)より受け付けている。


会場内Tea Roomでは、お茶の愉しみ方を提案するワークショップや茶席を開催。日本茶、中国茶、紅茶にハーブティなど、3人の淹れ手がそれぞれにガイドする茶の楽しみ方を通じて、自分の気に入ったお茶と飲み方を探すことができる。

この他、井上茶寮による「Tea Room」(https://tearoom-inouesaryo.peatix.com/)、Chanowaの出野尚子による「山の茶会」(https://chanowa.peatix.com/)、栁原由実子による「はじめてのお茶染め」(https://tea-dye.peatix.com/)、Teatherapyによる「韓国漢方茶講座」(https://tea-therapy.peatix.com/)、Versauによる「フレッシュハーブのティータイム」(https://harbtea.peatix.com/)といったワークショップも実施。予約は各ワークショップごとに専用ページから受け付けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング