現役藝大生、haru.が手がける「HIGH(er)magazine」issue05 発売! SHIBUYA TSUTAYA「NEST」とのコラボイベントも

FASHION HEADLINE / 2019年2月1日 16時0分

現役藝大生、haru.が手がける『HIGH(er)magazine』issue05 発売! SHIBUYA TSUTAYA「NEST」とのコラボイベントも

次世代クリエイターとして各所で話題の、haru.が編集長を務めるインディペンデントマガジン 『ハイアーマガジン(HIGH(er)magazine)』。5冊目となる“issue05”が、2月1日に発売。


『HIGH(er)magazine issue05』税込2,000円

2015年5月に発行された『HIGH(er)magazine issue no.0』から約4年。創刊当時は大学生だった5人のメンバーたちも3月に大学卒業を控える時期になり、それぞれが新しい道を歩み始めたタイミング。今号は、編集長のharu.とアシスタントのmiya、2人のみという新体制で挑んだ一冊となる。

issue05のメインテーマには、「アイデンティティ」を掲げ、“自分らしい生き方”について考えを巡らせている。以下、編集長haru.からのコメント。


私や一緒に制作をする仲間たちがもうすぐ大学を卒業するということもあり、最近はますます私たちの今後の生き方に ついて思いを巡らすことが増えています。
私たちのまわりには私たちの創造力や物事に対する価値観をぐらつかせるような危険がたくさん潜んでいて、それらに打ち勝つには私たち一人一人が自分の欲求と信じるものを心の中に持ち続けなければいけないのだと思います。
いい企業で働いてほしいという親からの圧力 「人生の勝ち組」とは何かを押し付けてくる広告やCM
数値や性別で人の価値を決めつけるようなばかな政治家たち
こんなものに打ち負かされないぞ、という強い気持ちをIssue no.5にはぐっと込めてつくりました。
私たちがそれぞれの形で一番輝ける場所、それがハイアーであり続けますように。( haru.)


2月1日には、本誌の発売を記念したリリースイベントも開催。イベントでは、NUET Magazine編集長の平山潤を迎えたトークセッションやライブパフォーマンスが行われる。

また、リリースイベントと合わせて、編集長のharu.によるブックキュレーションポップアップも実施。彼女が選んだ3名のアーティストがそれぞれ作成したZINEをSHIBUYA TSUTAYAプライベートレーベル「NEST PUBLISHING」にて限定販売する。 これは、SHIBUYA TSUTAYAが主体となって行われる、若きクリエイターと渋谷を楽しくするプロジェクト「NEST」の第一弾企画として開催される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング