【OL食事情at 15:00PM】上品な味わいのアメリカンスタイルの焼き菓子にうっとり。西荻窪「Amy’s Bakeshop」

FASHION HEADLINE / 2019年3月14日 15時0分

東京・西荻窪にあるアメリカンスタイルの焼き菓子屋さん「エイミーズ・ベイクショップ(Amy’s Bakeshop)」

地元に密着した、こだわり溢れる美味しいお店が軒を連ねる西荻窪。駅の北口を出て商店街を真っ直ぐ歩いていくと、甘く柔らかいバターとお砂糖の香りを漂わせる一軒のお店があります。そのお店の名前は、「エイミーズ・ベイクショップ(Amy’s Bakeshop)」。


「エイミーズ・ベイクショップ」は、2010年にオープンしたアメリカンスタイルの焼き菓子屋さん。店主の吉野さんは、もともと空間デザイン系の会社で働き、趣味でお菓子を焼いていたといいます。作ったお菓子を配っているうちに、周囲からお店のオープンを望む声が上がったことと、大好きなニューヨークで食べた焼き菓子の味を再現したいという思いから、地元である西荻窪にお店をオープンしたそう。


店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、ディスプレー台の上にリズミカルに並べられた種類豊富な焼き菓子たち。マフィンやスコーン類は、焼きたての美味しさを届けられるように毎朝焼いたものを、寝かすことでしっとりとした美味しさが生まれるパウンドケーキは、少し寝かせて美味しいタイミングを見計らって提供しています。30種類以上ラインアップする焼き菓子は、見ているだけでうっとり。どれを購入するか目移りしてしまいます。

メニューを考案するときは“コントラスト”を大切にしているといい、しっとりした食感の中にクリスピーな食感を閉じ込めたり、酸味と甘みなど異なる味わいが感じられるなど、単調な味にならないよう意識しているそう。

そんな捻りが効いたメニューの中でも、「マフィン(ブルーチーズ&フィグ&ソルト)」(380円)と「マロンケーキ」(400円)は、特にオススメとのこと。

「マフィン(ブルーチーズ&フィグ&ソルト)」(380円)
「マフィン(ブルーチーズ&フィグ&ソルト)」は、ブルーチーズの独特な香りと塩っ気に、底に惜しげもなく敷き詰められたドライフィグのフルーティーな甘酸っぱさがマッチする奥深い味わい。隠し味に使用した、はちみつ風味のアーモンドクリームが、こっくりとした甘みをプラス。聞けば、ワインを飲んでいるときに思いついたメニューだそうで、甘味と塩味の絶妙なバランスは、ワインのお供にもぴったり。

「マロンケーキ」(400円)
マロングラッセがゴロゴロと入っている「マロンケーキ」は、具材に使用したマロンとパウンドケーキがバラバラの味にならないよう、使用する粉に栗粉を使用し、味にまとまりが出るよう工夫が施されています。一口食べるとマロンの香りと甘味が口いっぱいに広がっていく贅沢な一品です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング