新宿伊勢丹で、話題の花屋などがラインアップするポップアップイベント「#花のある暮らし」を開催

FASHION HEADLINE / 2019年5月7日 17時40分

伊勢丹新宿店本館2階のTOKYO解放区では、「#花のある暮らし」を提案するポップアップイベントを5月15日から28日まで開催する。

「gui flower」(5/22~24・26の出店)
実店舗を持たないフラワーショップなど、今注目されている5つのフラワーショップが日替わりで登場し、生花を販売。ファッションカルチャーのひとつとして「#花のある暮らし」を空間で提案する。

「リトルウィッチ(Little Witch)」
「ビジュマム(Biju mam)」
生花の販売以外にも、アクセサリーやドライフラワーなどのインテリア雑貨や花柄のファッションアイテムも登場。さらに、「スポークンワーズプロジェクト(spoken words project)」の“花”をテーマにした2019年秋冬アイテムの受注販売と、5月25日の13時から18時までシルクスクリーンワークショップも開催。受注販売では、ワンピースやスウェット、キルティングのコートの他、本イベントのみ展開される特別アイテムもラインアップする。


出店ブランドは下記の通り

【フラワーショップ】
「綴 - tsuzuru -」(5/15・16)、「Cochon」(5/17・18)、「ex. flower shop & laboratory」(5/19~21)、「gui flower」(5/22~24・26)、「Lifft」(5/27・28)

【アクセサリー・ドライフラワー・服など】
「プラントプラント(PLANT / PLANT)」、「ノーカ(nooca)」、「リトルウィッチ(Little Witch)」、「アルパカと花(alpaca to hana)」、「スポークンワーズプロジェクト(spoken words project)」、「ビジュマム(Biju mam)」など


【イベント情報】
#花のある暮らし
会期:5月15日〜28日
会場:伊勢丹新宿店・本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

シルクスクリーンワークショップ
会期:5月25日
時間:13:00〜18:00
会場:伊勢丹新宿店・本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
費用:Tシャツは8,000円、トートバッグ5,800円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング