横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット、今年は“シーフード&シャンパン”の新エリアに注目!

FASHION HEADLINE / 2019年11月7日 14時30分

「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」

横浜赤レンガ倉庫では、10回目となる「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」を、11月22日から12月25日までの計34日間、イベント広場と赤レンガパークにて開催する。


ドイツ・フランクフルトで始まったと言われているクリスマスマーケットは、クリスマスの訪れを待つ“アドヴェント”の期間にクリスマス準備のショッピングを楽しむ催し。開催地である横浜赤レンガ倉庫がドイツにゆかりがあることから、本場の雰囲気を感じられるクリスマスマーケットとして2010年から開催し、昨年は85万人が訪れた毎年大人気を博している「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」。


今年は多種多様なマーケットが特徴の“ドイツ・ニュルンベルク”をモチーフに、会場海側の赤レンガパークに、「シーフード&シャンパン」がコンセプトの新マーケットが登場。会場内は白、ブルーグレーを基調としたヒュッテ(木の小屋)が並び、落ち着いた装飾で統一され、イルミネーションの光やシンプルな装飾でエリアを彩る。ドイツの伝統的な雰囲気が感じられるマーケットとは異なり、横浜港とみなとみらいの景色とともにロマンティックな雰囲気も楽しめる。

クリスマスレッドとシャンパンゴールドのオーナメントで華やかに飾られた、高さ約10mの巨大なモミの木のクリスマスツリーも登場。また、「YOKOHAMA」の文字をかたどった大型オブジェや、昨年好評だった無数のライトがついたイルミネーションルーフも会場を華やかに彩る。

さらに今年は初日の11月22日16時より行われる点灯式・オープニングセレモニーに、女優の長谷川京子が登場。カウントダウンを行い、シンボルである巨大ツリーと光のトンネルのようにツリーまでの道を彩るイルミネーションルーフが一斉にライトアップされる。また、SNSでのピアノ演奏動画が話題のさなゑちゃんによるピアノの演奏なども行われる予定だ。


会場の雰囲気にあわせ、今年はモエ・エ・シャンドンなどのシャンパンを約20種類販売。またシャンパンに合わせて、産地より直送の殻付き牡蠣を、ジェノベーゼソースまたはトマトソースで楽しめる「産直牡蠣のクリスマスカラーソース」や、魚介のスープ「ズッパディペッシェ」、「ガーリックシュリンプ」などシーフードメニューが充実する。

「ニュルンベルガープレート」
イベント広場では、ニュルンベルクと同様にヒュッテの屋根を赤白ストライプに統一した伝統的なドイツのマーケットを再現。「ドイツ肉料理&グリューワイン」をコンセプトに、ニュルンベルク名物ニュルンベルガーソーセージやドイツの郷土料理の他、クリスマスマーケットの定番グリューワインは過去最多の34種類が楽しめる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング