アクネ ストゥディオズの新作発売、オーガスト・ストリンドバーグが描いた情景を落とし込んだ服

FASHION HEADLINE / 2020年3月27日 17時0分

アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)は、2020年春夏ウィメンズコレクションにて、スウェーデンのアーティスト、オーガスト・ストリンドバーグ(August Strindberg)の作品にインスパイアされたアイテムを発売する。


オーガスト・ストリンドバーグ(1849-1912)は、作家として草分け的な存在であり、スウェーデンを象徴するアーティストの一人。劇作家、小説家として活動しながらも、作家としての活動に行き詰まった際に絵を描いていたという。

今回は、彼によって描かれたランドスケープをアイテムに落とし込み、春夏コレクションのもう一つの側面としてアートプリントのアイテムを打ち出す。


本コレクションのプリントに用いたのは『Wonderland』『The Night of Jealousy』『The Solitary Toadstool』『The Town』 の4作品。どれも母国への慕情が見事に描き出されたランドスケープだ。

一連のシリーズでは、オーバーサイズのブレザーやロングスリーブシャツ、ボックスシルエットの半袖シャツやアンクル丈のロングスカート、そしてリラックス感のあるパンツやクリスタルが手刺繍で施されたホルターネックのリネンドレスに加え、⻑細いコットンシルクのスカーフなどアクセサリー類も展開。


また、アイテムだけでなく、ルックの打ち出し方にもこだわっており、オーガスト・ストリンドバーグの作品をプリントしたルックを着たモデルが、彼の世界に溺れている様なさまを撮影するという新たなアプローチにも注目したい。



フォトグラファーのジョニー・デュフォート(Johnny Dufort)によって撮り下ろされたそれらのイメージは、モデルとガーメントが共に、オーガスト・ストリンドバーグの描いた“2Dの世界”に溶け込んでいるかのよう。

また一方で、自然と共存する現代的な生き方をより深く探求する為に、リアルな日常で見慣れた景観をバックにルックを纏うモデル達の姿も納められており、この対比的なイメージの打ち出し方も新鮮。


ワードローブにドラマティックなムードを取り入れたい春夏。アクネ ストゥディオズのコレクションで、ワードローブに新たな彩を添えてみて。

本コレクションは、各取り扱い店の他、オンラインストア(acnestudios.com.)にて展開中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング