ロエベの「パウラズ イビザ コレクション 2020」、マーメード柄や睡蓮のモチーフのアイテムを展開

FASHION HEADLINE / 2020年4月27日 17時7分

ロエベ(LOEWE)と、伝説のブティック・パウラズ イビザ(Paula’s Ibiza)のコラボレーション第4弾となる「パウラズ イビザ コレクション 2020」がローンチされた。

本年もヴィジュアル・ポートフォリオは、グレイ・ソレンティが手がけた。
撮影は、ニューデリーにあるのプライベート・ヴィラで行われ、街角でスクーターやトゥクトゥクにのった若者、ルーフトップでのBMXなど、想像ではなく、リアルな感情との繋がりを捉えている。

画家や俳優、デザイナーなどからカルト的人気を博す、スペイン・バレアレス諸島のブティック「パウラズ イビザ」。そのアイコニックなアーカイブプリントを、ロエベのクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが選び抜き、再解釈する特別なサマーコレクションがこの「パウラズ イビザ コレクション」だ。

2017年に初めてローンチされ、4回目となる今シーズンは、これまでも好評のウィメンズとメンズのレディ・トゥ・ウエア、アクセサリーに加え、フレグランスまでを含むフルラインアップで登場。



赤いサンゴ礁の間で泳ぐマーメイド柄のマキシドレスやラッフルスリーブのロングガウン、睡蓮とジキン金魚のプリントがのせられた裾の広いカプリパンツ、ボレロスカートやスイムウェア、バッグなどのアクセサリー類まで、様々なパウラズのアーカイブプリントを用いた華やかなアイテムがそろう。
バルーンバッグ(28万2,000円)
ハンモック ドローストリング ミニ(18万3,000円)
ポーチ(各 5万9,000円)
フィッシャーマンハット(各 5万2,000円)
夏、遊び心、気軽さといったフィーリングを持ち合わせる本コレクション。この他に、レジャーウェアとも言えるリネンのロング・チュニック、クロップド・ダンガリー・ブリーチ・ジーンズ、水着の上に羽織れるようなストライプのオーバーサイズシャツや、ソフト・テリーTシャツ、反射するようなシルバーのトラウザー、とげとげしたスパイキー・トップス、ミニ・ボンバージャケット、蛍光色のサンダル、ナイトクラブ・ウェアを想起させるアセテート・サングラスなどのカジュアルなアイテムも必見だ。


アシンメトリック オーバーサイズTシャツ(6万円)
【メンズ】ベースボールTシャツ(4万5,000円)
【メンズ】バムバッグ《キャンバス》(7万7,000円)
スクエアバスケット バッグ(7万7,000円 / チャーム、巾着別売り) クラフトはロエベのエッセンス。職人とタッグを組み、天然の葦を伝統的な織機で織り上げられた。
また、このチアフルなムードは、パウラズ イビザ コレクション初となる香水でも表現されている。温かみのあるアンバーグリスと、フレッシュなココナッツ・ウォーターの遊び心溢れるダイナミックな香りの対比は、開放的でケアフリー。ユニセックスな香りに。

エスケープ(逃避)やジョイ(喜び)といったアイディア、ポジティブで元気のでるようなロエベからのメッセージが込められた「パウラズ イビザ コレクション 2020」は、現在、ロエベのオフィシャルオンラインストア(https://www.loewe.com/)にて展開中。

ハッピーなエスケープを描いた「パウラズ イビザ コレクション 2020」で、昨今の状況の世の中と人々を元気づけたい、というクリエイティブ ディレクター、ジョナサン・アンダーソンの想いから、パウラズ イビザ コレクション商品毎の売り上げから40ユーロが、新型コロナウイルスによって影響を受け、社会的に脆弱なグループとなる子供たちのより良い未来を確保するための教育プロジェクトに寄付されます。

>>その他のロエベの記事はこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング