1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

【ルック】シャネルがマンチェスターで2023-24 年 メティエダール コレクションを発表

FASHION HEADLINE / 2023年12月9日 12時0分

CHANEL 2023/24年 メティエダール コレクション

シャネルは、12月8日 日本時間 18:00に、イギリス・マンチェスターで、2023-24年 メティエダール コレクション ショーを発表しました。

Courtesy of CHANEL
音楽カルチャーの基盤とも呼べる都市、マンチェスター。ここでは世界を変えるような音楽が生み出され、今日では、音楽カルチャーに共鳴する人々の出会いの場になっています。「私にとって、マンチェスターは音楽の街。創作意欲を掻き立てられます」とヴィルジニー ヴィアールは語ります。

Courtesy of CHANEL
ショーはマンチェスター北部のトーマス ストリートで、夕暮れ時に行われることから、とりわけ色合いが重視されました。そこには、あらゆる感情が表現されています。きらめくポップな色使いが際立つスーツ、バッグ、そしてパール。また、サーモンピンク、パンプキン、アップルグリーン、マスタード、スカイブルー、レッド、そしてセピアという配色は、フェミニンで唯一無二なルックの数々を輝かせています。今回のコレクションで、アーティスティック ディレクターのヴィルジニー ヴィアールは、ロックスタイルよりも、詩的な感情と 60 年代の雰囲気に注目しています。

Courtesy of CHANEL
メゾンのコードに忠実でありたいという想いから、ヴィルジニーは 2023-24 年 メティエダールコレクションで、シンプルさと正確さを極限まで追求しています。ジャケットの裾にあしらわれたチェーン、コントラストを効かせた裏地、より自由な動きを可能にするトップステッチが施されたパネル―こうしたコードによって、とても現代的に見えるルックですが、このコレクションはガブリエルシャネルの精巧なテーラリング技術を称えるものでもあります。スカートのウエスト部分にさえ、ジャケットやコートの内側と同じ生地が使われ、流れるようなラインを生み出しています。

Courtesy of CHANEL
英国といえば、ラップスカート、ミニ丈のゴデットスカート、バミューダパンツ、シャツ、それにツイードのドレスコート、シェットランドウールやカシミヤのニットウエアなどが思い浮かびます。フィット感のあるカッティングに、ローウエストのスカートが特徴的です。コレクションのアリュールをさらに高めているのは、メティエダールのアトリエが集結する le19Mの卓越した職人たちが手掛けたプリーツやフェザー、刺繍。帽子やジュエルボタンも、彼らの優れた技術の賜物です。そこにティーポット、レコード、可愛らしい花々のモチーフが加わり、楽しげな雰囲気を醸し出しています。今回のコレクションでは、ピュアなムードの黒のメリージェーンが登場。そしてジーンズ、レザー、ニットウエア、ベビードールやストラップレスドレスが、サッカー、マンチェスターの音楽カルチャー、英国の田園風景など、さまざまな要素を取り入れたアンサンブルを完成させています。

Courtesy of CHANEL
活気に溢れ、音楽性を感じさせる 2023-24 年 メティエダール コレクションは、シャネルが英国と一世紀以上にわたり辿ってきた、冒険のような青春のラブストーリーを想起させるのです。

Courtesy of CHANEL
Courtesy of CHANEL
Courtesy of CHANEL
Courtesy of CHANEL


#CHANELMetiersdArt

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください