伊勢丹新宿店リ・スタイルで「ドレス」イベント開催! 100着の一張羅ドレスで100通りの「変身」を

FASHION HEADLINE / 2020年9月1日 17時0分

8月19日、新しいコンセプトのもと生まれ変わった伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイル 。リフレッシュオープン企画の第2弾として、「変身」をコンセプトに国内外のブランドからヴィンテージに至るまで、100着の“一張羅ドレス”を集め、100着それぞれのストーリーと共にご紹介いたします。


女性はみな誰しもが変身願望を抱いているのではないでしょうか。

理想の自分に近づきたい、自分ではない別のだれかになりたい・・・そう願ったことは1度や2度じゃないはずです。それは幼いころに観たアニメの中で、普段は平凡な主人公が魔法の言葉で変身して強くなる姿を、1人の女の子が歌手となり、たくさんのスポットライトを浴びてキラキラと舞台に立っている姿を、そして母親が化粧台の前でみるみる美しくなっていく姿を・・・無数の「変身」を目の当たりにしてきたからなのかもしれません。

本イベントはリスタイル随一のドレス好きであるリスタイルアシスタントバイヤーの奥田詩保子が手掛けます。彼女は一張羅ドレスで「変身」してきた女性のひとり。#this dressのイベントタイトルのように、いつだってドレスはすべての女性にとって特別で、本イベントの100着のドレスもきっと誰かとっての特別になってほしい・・・そんな願いを込めて、#this dressを開催いたします。

ファッションエディター大平かりん×ReStyleアシスタントバイヤー奥田詩保子
ファッションにまつわる変身についての対談ページ:
https://www.mistore.jp/shopping/feature/women_f2/interview3_w.html

「30人」のモデルが登場したキーヴィジュアル
今回、年齢も容姿も性格も思想も異なるさまざまな個性を持ったReStyleのスタッフ「30人」がキーヴィジュアルに参加しています。1着1着違うドレスを選んだ彼女たちの「変身」の力強さが溢れたヴィジュアルです。

キーヴィジュアルメイキング:https://youtu.be/ZImZEJBCZYY
*8月26日(水)~公開

100着それぞれのドレスに名前をつけ、“特別”な1着に
ご紹介するすべてのドレス1着1着に名前をつけました。どんな性格かを想像し、どんな人の特別になり、どんな風に愛でられるのかに胸を馳せながら・・・100着の中からとっておきの1着を見つけだして、これから待ち受けるドラマティックな出来事に飛び込んでいく度胸と自信を持ってほしいと願っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング