ドイツの腕時計ブランド「ドゥッファ」からバウハウスモチーフのクロノグラフがネイビーカラーで登場

FASHION HEADLINE / 2020年9月4日 21時0分

ドイツの腕時計ブランド『ドゥッファ(DUFA) 』の日本総代理店を務める、株式会社ウエニ貿易が、バウハウスのモチーフを体現した新シリーズを9月19日に発売します。2019年に大ヒットを記録した、バウハウス100周年記念モデルをベースにアップデートし、シリーズ第1弾として、人気モデル『ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』のネイビーカラーが登場します。


【『エレメンツシリーズ』】
『エレメンツシリーズ』はドイツの歴史的名門デザイン教育機関「バウハウス」のにオマージュした新シリーズ。2020年7月から、東京で回顧展も始まり、100周年を迎えたバウハウスに改めて注目が集まっています。


【ベースとなった『ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』】
『ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』は、モダニズムを代表する建築家ミース・ファン・デル・ローエと、彼の手により建設されたバルセロナ・パビリオンにオマージュしたクロノグラフの腕時計です。


【最新作『エレメンツシリーズ ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』】
『エレメンツシリーズ ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』は、バウハウスとミース・ファン・デル・ローエにオマージュした新シリーズ第1弾。バウハウスが提唱した三原色「黄・青・赤」を取り入れ、華やかに演出。また、インダイヤルの緩やかな凹みなど、主張を抑えた控えめなデザインで、モチーフとなった名作建築のコンセプトである「静けさの空間」を表現しています。控えめでありながら存在感溢れるデザインと、落ち着いた印象のネイビーカラーが腕元を上品に彩ります。


【『エレメンツシリーズ ファン・デル・ローエ・バルセロナ・クロノグラフ』 の商品特徴】

1.バウハウスが提唱した三原色「黄・青・赤」がアイコニック

バウハウスが提唱した三原色の概念に即し、サブダイヤルの針とベルトのステッチにデザイン。ベルトの裏面やサイドに施したイエローのカラーリングも魅力です。


2.デザインの基本▲●■の幾何学パターンが存在感を演出

▲●■(三角・円・四角)の基本形状を用いてインダイヤルの針の軸にデザイン。オリジナリティ溢れる存在感を上品に演出します。


3.バルセロナ・パビリオンの美しさをインダイヤル緩やかな凹みで表現

建築家ミース・ファン・デル・ローエが設計した名作建築、バルセロナ・パビリオンが表現した、『静けさの空間』を緩やかなインダイヤルの凹みで表現しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング