ディオールの「バー」ジャケット最新作がニットバージョンで登場! モードと世代を超えるマストハブアイテム

FASHION HEADLINE / 2020年9月4日 17時0分

https://youtu.be/XhM_prs3530

時代を超えてその構築的な美しさが際立つ永遠の「ニュールック」の象徴、「バー」ジャケット。1947年にクリスチャン・ディオールが自身初のオートクチュール コレクション発表し、その成功を決定づける一着となりました。

2020-2021秋冬 コレクション ショーのオープニングを飾ったのが、マリア・グラツィア・キウリがニットバージョンで再提案したこの「バー」ジャケット。メゾンのアトリエにとってこの名解釈は、挑戦でもありました。オリジナルのジャケットならではのボリューム感やカッティングを再現するために4型以上のプロトタイプを開発。

https://youtu.be/XhOeVYmatJw

エレガンスと快適さ、自由で動きやすい実用性を兼ね備え、カジュアルなスタイルを格上げする魅力を備えた一着に仕上がりました。


ディオールのウルトラモダンな魅力がかたちになった新生「バー」ジャケットは、アイコニックな魅力をたたえた、モードと世代を超えるマストハブアイテムです。


「バー」ジャケットをはじめとする2020-2021 秋冬 コレクションは全国のディオール ブティック取扱店舗および公式オンラインブティックにて順次展開中です。

#ディオール #Dior #DiorBarJacket



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング