HOKA ONE ONE からレザーアッパーのパフォーマンスシューズ「BONDI L」のニューカラーが登場

FASHION HEADLINE / 2020年9月11日 7時0分


独自のテクノロジーによって極上の履き心地を実現する HOKA ONE ONE(R) ホカ オネオネ(TM)は、革新的なプレミアムランニングシューズブランドです。このたび、ホカ オネオネは、高いクッション性と安定性を備えたソールにレザーアッパーを採用したライフスタイルパフォーマンスシューズ「BONDI L(ボンダイ エル)」の第二弾として新色2カラーを、9月1日より発売します。

ビビッドなイエローを効かせた配色と、濃紺に白を組み合わせた爽やかな配色の2色を展開。スポーツやライフスタイルを問わず、様々なシーンに溶け込むデザインと快適な履き心地を兼ね備えています。サイズはユニセックス、販売店舗はatmos 各店舗、一部セレクトショップとスニーカーショップ、ホカ オネオネ公式サイトです。

BONDI L(ボンダイ エル)
ホカ オネオネのロードシューズラインアップで最もクッション性の高いモデル「BONDI (ボンダイ)」の特徴を生かし、よりライフスタイルに溶け込むデザインを展開している「BONDI L」。第二弾となる新色は、レザーのコンフォートフレームアッパーはそのままに、赤みを帯びた褐色にビビッドなイエローを効かせたカラーと、濃紺にホワイトソールを組み合わせたカラーの2色が登場。スポーツやファッションなど、様々なライフスタイルシーンを楽しく演出するデザインと快適な履き心地が魅力です。


マキシマムクッションを備えたフルEVAミッドソールとかかと付近から始まるメタロッカーが、スムーズな足運びを実現。フラットウエストのジオメトリと幅広のフットベッドが安定性をもたらし、滑らかにそぎ落したつま先とかかと部分は車輪のようなローリング運動を導くように設計されています。


価格: 2万3,000円+税(税込 2万5,300円)
サイズ: Unisex (23.0cm–30.0cm ・ 284g/27cm)
カラー: Auburn/Chili, Moonlit Ocean/Nimbus Cloud

Auburn・Chili Auburn・Chili
Moonlit Ocean・Nimbus Cloud Moonlit Ocean・Nimbus Cloud
About HOKA ONE ONE(R)
HOKA ONE ONE(R)(ホカ オネオネ(TM))は、スポーツを楽しむすべての人に向けた上質なパフォーマンスフットウエア製品を手掛けています。 アウトドアフィールドで生まれたホカ オネオネ(TM)のシューズは誕生当初、特徴的な分厚いミッドソールでその名が知られました。現在は、ランニングを主としてウォーキング、フィットネス、アウトドアにおける様々なユーザーの問題を解決するという発想のもと、独自の機能性とデザインを融合したシューズを開発しています。
ホカ オネオネは、大胆で、時には想像を超えるような手段で、本格的なランナーからフィットネス愛好家まで、スポーツを楽しむ様々な人々に地球を駆け巡る喜びを伝えていきます。
詳しくは www.hokaoneone.jp 、もしくは @hokaoneone #timetoflyをご覧ください。

【About Deckers Brands】
Deckers Brandsは、イノベイティブなフットウエア、アパレル、ファッション小物のデザイン、販売、卸売を行うグローバルリーダーとして、カジュアルなライフスタイルで日常的に使うアイテムと、ハイパフォーマンスな活動にふさわしい製品の両方を手掛けています。ブランドポートフォリオには、UGG(R)、Koolaburra(R)、HOKA ONE ONE(R)、Teva(R)、Sanuk(R)があります。Deckers Brandsの製品は、50を超える国と地域において、特定のデパートおよび専門店、当社が所有・運営する小売店、当社所有のウェブサイトを含む特定のオンラインストアで販売されています。Deckers Brandsは、フットウェアのニッチブランドを世界中から何百万人もの愛用者を引きつける市場屈指のライフスタイルへと成長させる、40年にわたる実績を持っています。
詳しくは www.deckers.com をご覧ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング