メンバーがデザインを手掛けたアイテムも多数登場! niko and ...がソナーポケットプロデュースの「KEM」とコラボ

FASHION HEADLINE / 2020年10月12日 19時0分

「Play fashion!」をミッションに掲げる株式会社アダストリアが展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and ...(ニコアンド)」は、音楽グループ「ソナーポケット」がプロデュースするアパレルブランド「KEM」とのコラボレーション商品を、10月16日より販売開始いたします。


「KEM(ケム)」は、ソナーポケットのメンバーがディレクションを行い、アーティストグッズと一線を画した、ユニセックスで着用できるスタンダードなアイテムを展開するブランドです。ニコアンドとKEMの取り組みは、より幅広いお客様に「KEM」を知って頂きたいという「KEM」の想いのもと、ニコアンドにコラボレーションのオファーがあり実現致しました。ニコアンドとしても、音楽を通してよりたくさんのお客様にブランドのことを知っていただく為、「KEM」と協業した様々なアイテムの開発を継続的に行っています。

今回で4回目となる「KEM」とのコラボレーションですが、メンバーが考案したグラフィックやメッセージのプリントなど、今回もソナーポケットのこだわりと想いが詰まっています。ベーシックなチェックシャツやトレンドのタイダイ柄を採用したスウェット、2WAYで使えるMA-1など、これからの季節に重宝すること間違いなしのアイテムラインアップです。

また、ニコアンドの公式YouTubeチャンネル「ニコアンドCh.」(https://www.youtube.com/channel/UC0ZvFIPdq0NO9U3bUxqEz5w)では、ソナーポケットが今シーズンのアイテムを着用した撮影の裏側もご紹介。ko-dai氏、eyeron氏、matty氏それぞれが今シーズンのアイテムに対するこだわりについても語っています。こちらも是非ご注目下さいませ。

■コラボレーションアイテム一覧

・MA-1ブルゾン 1万5,180円(税込み)

・タイダイスウェット 7,260円(税込み)

・プリントチェックシャツ 7,590円(税込み)

・フラワープリントロングスリーブTシャツ 4,290円(税込み)

・サイドキリカエパーカー 8,690円(税込み)

・プリントスウェット 7,260円(税込み)

販売開始日:10月16日(金)
販売店舗 :niko and ...国内の一部店舗、niko and ...海外の一部店舗(上海・台湾・香港)、公式WEBストア .st、KEM MARKET(http://www.sonapoke.jp/)
※店舗によって販売開始日が異なる場合がございます。

■ソナーポケットについて
ko-dai (Vo.)、eyeron(Vo.)、matty(DJ)による3ピースユニット。ロック、ヒップホップ、レゲエなど異なるルーツを持つ3人が紡ぎだす極上のポップミュージックで幅広い世代を魅了。特に等身大でリアルなラブソングは、若者を中心に絶大な支持を誇る。2017年からレコード会社を移籍し”第二章”として精力的な活動を行っている。
<公式HP> http://www.sonapoke.jp/
<KEM Instagram> @kem.tokyo

■niko and ... について
niko and ... は、アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する “style editorial brand” です。実用性だけでなく、どこかユーモアを感じさせるアイテムをラインアップしており、意外な驚きと発見に “であう” 、やがて自分のライフスタイルに “にあう” 。そんなメッセージのもと、20~30代の男女に向けて事業展開しています。全国145店舗展開(2020年9月末時点、WEBストアを含む)。
<公式webストア .st(ドットエスティ)> http://www.dot-st.com/nikoand
<公式ブランドサイト> https://www.nikoand.jp

■アダストリアについて
株式会社アダストリア(代表取締役 会長兼社長:福田三千男)は、「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。「Play fashion!」をミッションに掲げ、ファッションを通じてお客さま一人ひとりの毎日に「もっと楽しい」選択肢をご提案しています。




企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング