すべて一点限りのデッドストック品。ゼロハリバートンが過去の稀少アーカイブ品の展示販売会を開催

FASHION HEADLINE / 2020年10月30日 13時0分

米国発トータルラゲージブランド「ゼロハリバートン」は、過去の稀少なアーカイブ品を展示し販売する「ZERO HALLIBURTON DEAD STOCK MARKET」を、2020年11月1日より丸の内店とGINZA-SIX店において開催します。


サステナビリティの観点とブランドの象徴的かつ不変のデザインを新鮮な印象で発信する機会を設けたいという目的から実施するに至りました。現行品では使用されていないパーツ用いた既に製造終了モデルや、特別に製造されたリザード柄やウッド柄のアタッシェケースなどすべて一点限りの稀少なアイテムが一同にそろいます。時代を経てもなお魅力を放つ、ZERO HALLIBURTONのアーカイブ品を入手できるこの機会をお見逃しなく。

【開催概要】
ZERO HALLIBURTON DEAD STOCK MARKET
期間:2020年11月1日(日)~ ※なくなり次第終了とさせて頂きます。
会場:
ゼロハリバートン丸の内店 (東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル1F / TEL:03-5220-5137)
ゼロハリバートン GINZA-SIX店(東京都中央区銀座6-10-1 GINZA-SIX 5F / TEL:03-6264-5176)

◆注意事項:
・店舗によって取扱い商品が異なります。詳しくは、各店舗に直接お問い合わせください。
・すべて一点限りのデッドストック品です。
・修理対応ができかねる商品もございます。予めご了承ください。
・販売商品はすべて返品交換をいたしかねます。予めご了承願います。
・電話での販売や電話予約は受け付けておりません。必ず現物をご確認いただいた後、購入いただきますよう宜しくお願い致します。

【出展商品(一部)】


ポーカーチップにもゼロハリバートンのロゴが刻印された、特注製作のカジノディーラーケース。(2000年代)


日本未入荷ウッドプリントのアルミアタッシェケース。当時の商品タグ付属。(1990年代)

【ゼロハリバートンとは】
「ゼロハリバートン」は1938 年創業の、徹底した機能へのこだわりと、時をこえても変わらないスタイルが魅力の米国発のトータルラゲージブランドです。NASA の依頼によりアポロ11 号用「月面採取標本格納器」を製造し、1969 年に月面より月の石を持ち帰ったエピソードで一躍その名が世界に知られるようになりました。ブランドの象徴であるアルミニウムケースが備えるその確かな機能性と優雅なフォルムは、世界中の熱狂的な支持者から愛されています。
https://zerohalliburton.jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング