1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

タグ・ホイヤーが時計の世界に関するトップサイト「HODINKEE」とコラボした限定タイムピースを発表

FASHION HEADLINE / 2021年2月24日 20時0分

スイスの高級時計ブランドあるタグ・ホイヤーは、時計の世界に関するトップサイトであるホディンキーとのコラボレーションモデル、「タグ・ホイヤー カレラ ダート リミテッドエディション FOR HODINKEE」を発表しました。長年にわたり愛好家の間で愛され続けてきた「ホイヤー 3147N Dato45 クロノグラフ」のミッドセンチュリーのクラシックベースにモダンアレンジした限定モデルです。
http://tag.hr/hodinkee_0223


タグ・ホイヤーの最もアイコニックなクロノグラフの多くがそうであるように、カレラの起源もまた1960年代のモータースポーツにまで遡ります。ホイヤーのクロノグラフウォッチは、その年代を通じプロのレーサーたちに愛用されており、それは、当時のホイヤーのCEOであるジャック・ホイヤーと、そのチームやドライバーへの実践的なアプローチを含めたスポーツへの情熱によるものでした。1960年代はホイヤーにとって成長と実験の時代であり、クロノグラフに日付窓を設けるというアイデアは独特のものでした。「ホイヤー3147N Dato45 クロノグラフ」は、このようなアイデアを初めて実現したモデルの一つでした。当時見過ごされていた他の多くのクロノスと同様に、「サイクロプス」という愛称で親しまれたこのモデルは、3時位置にある大きな対照的な白いサブダイヤルが特徴で、現在ではクロノグラフコレクターの間ではカルト的なクラシックとなっています。


ホディンキーとタグ・ホイヤーの目標は、9時位置の日付窓と「サイクロプス」文字盤を備えたオリジナルに限りなく近い時計を製作し、21世紀の時計製造の技術を最大限に活用することでした。オリジナルの「Dato45」の魅力を継承しつつも、時代を感じさせるデザインを表現することが不可欠でした。これは、洗練されたキャリバー ホイヤー02をはじめとする技術を採用することから始まります。アイコニックな9時位置の日付窓を実現するために、タグ・ホイヤーの熟練した時計職人たちは、この機能に対応するために自社製クロノグラフに手を加えました。統合された構造と約80時間のパワーリザーブを持つこのモダンなキャリバーは、ヴィンテージな風貌のタグ・ホイヤー カレラの「ガラスボックス」ケースに収められています。この重厚なドーム型のクリスタルは、ヴィンテージウォッチのプレキシ/ミネラルガラスで覆われた外観を再現しています。これにより、この時計にヴィンテージ感を与え、クリスタルのエッジがベゼルの周りの凹んだスロットに流れるようにデザインされています。もう一つの特徴は、このオシレーターの160周年記念モデルです。


ポリッシュ仕上げのステンレススティール製39mmケースとブラックのレザーストラップを備えた新しい「タグ・ホイヤー カレラ Dato45 ホディンキー リミテッドエディション」は、サイズと視認性のバランスが絶妙で、腕に快適にフィットします。クロノグラフの秒針は、キャリバー ホイヤー02のコラムホイールと垂直クラッチにより、ダイヤルを横切るように優雅に動き、リセットすると針は12時の位置に軽快に戻ります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング