1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

「Mac」と「Windows」コスパはどっちがいいの? メリット・デメリットを比較してみた!

ファイナンシャルフィールド / 2023年4月26日 11時0分

写真

コンピュータ市場において、MacとWindowsは代表的なライバル関係にあるといえます。コスト・パフォーマンスという観点から見ると評価が分かれるところです。   製品のもつ特性とそれに合った使い方を考えることが、購入を検討する際のポイントになるでしょう。本記事では、MacとWindowsについて、コスト・パフォーマンスを中心に比較検討します。

MacとWindowsの環境の違いとは?

米国Apple社の製品であるMacintosh(Mac)と、同じく米国Microsoft社の基本ソフト(OS)を搭載するWindowsマシンは、世界中で愛用されているコンピュータです。MacとWindowsを比較するときには、それぞれの開発・販売環境の違いに注目しておく必要があります。
 
通称「Windows」と呼ばれるコンピュータは、Microsoft社が開発したOSを搭載したコンピュータの総称なので、さまざまなメーカーがハードウェアを開発・販売しています。それに対して、MacはApple社だけが開発・販売しているので、Windows製品を取り巻く環境とは様相が異なるわけです。
 
そして、この点がそれぞれのメリットにもなり、デメリットにもなります。以下で、コスト・パフォーマンスについて意識しながら、両者の違いを検討していきましょう。
 

Macのメリットとデメリット

デザイン性の高さがMacの最大の魅力といえます。薄さや軽さにこだわったデザインに、美的な喜びを感じながら使う人が多いといわれています。さらに、見た目だけではなく、操作性や可搬性にも優れていて、自社開発のプロセッサーの性能でも高い評価を受けているのです。
 
また、Macに限らずApple社の製品はOSとハードウェアが一体化しているため、それぞれに最適なパフォーマンスが出るように設計されています。
 
Apple社にはMacの他に、スマートフォンとしてのiPhoneや、タブレットとしてのiPadなどがありますが、これらとの連携のしやすさもMacの魅力の1つです。標準で実装されているAir Dropという機能を使えば、写真やファイルの転送が一瞬で済みます。コンピュータを使っているときに問題になる、ウイルスに対する対策についてもMacのセキュリティ面は優れています。
 
このように、高機能や高品質で知られるMacですが、単純にスペックだけを取り出してWindowsマシンと比べると、コスト・パフォーマンスが劣るように見える場合があります。
 

Windowsのメリットとデメリット

既に紹介したように、Windowsマシンの開発には多くのメーカーが参入しており、幅広い価格帯の製品が存在し、予算に応じて選ぶことができます。そのため、使用目的に合わせてコスト・パフォーマンスを最適化しやすいといえるでしょう。
 
また、部品交換等の自由度が高く、カスタマイズやアップグレードが容易です。さらに、多くのアプリケーションやソフトウェアが対応しており、選択肢の多さはWindowsの特徴といえます。
 
ただし、このような多様性は、セキュリティ面での脆弱(ぜいじゃく)性につながります。Windowsを攻撃するウイルスには多種多様なものがあり、ウイルス対策ソフトのインストールなど、セキュリティ対策が必須となっているのです。
 
スペック面でも、安価な製品はパフォーマンスが低く、アプリケーションの動作に問題が生じたり、耐久性やメンテナンス性に問題があったりする場合が見られます。
 

コスト・パフォーマンスは使い方で決まる

MacとWindowsのコスト・パフォーマンスを比較する際には、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分の使用目的や予算、長期的なコストを検討することが重要です。高価格でハイスペックなモデルを使っても、それに応じた作業でなければ、オーバースペックになってしまいます。
 
MacとWindowsのどちらが優れているかという問題は、最終的には使い方によって決まるといえます。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください