1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

【私立大学】私立大学に進学予定ですが、どれくらい奨学金を借りられますか?

ファイナンシャルフィールド / 2023年4月26日 14時10分

写真

私立大学に進学予定なら入学料や授業料などを考えれば、4年間で数百万円が必要になります。私立大学などに進学するケースでは、日本学生支援機構の奨学金を利用して入学料や授業料を用意する学生が多いです。本記事では、実際に奨学金を利用した場合、どれくらいの奨学金が借りられるかについて解説します。

私立大学の学費はどれくらい?

私立大学は入学料や授業料などが4年間で数百万円必要になり、文部科学省の調査では、令和3年度の初年度学生納付金=授業料93万943円+入学料24万5951円+施設設備費18万186円=135万7080円になりました。
 
2年目以降は入学料を差し引いた授業料93万943円+施設設備費18万186円=111万1129円の支払いが必要になると考えれば、4年間で135万7080円+(111万1129×3)=469万467円を用意しなければなりません。
 
また、あくまでも今回の計算は授業料と入学料と施設設備費だけの計算であるため、実際には教材費なども必要になります。他にも一人暮らしをしているなら家賃や食費などの生活費も発生するため、自分が大学生活を送るのに必要になる費用については把握しておきましょう。
 
大学生活を送るのに必要になる費用をすべて奨学金がまかなうのか、アルバイトや親からの仕送りも含めておぎなうかなどの判断が大切です。
 

私立大学の学費は奨学金だけでまかなえる?

先述したように私立大学は数百万円の学費が必要になるため、日本学生支援機構の奨学金を利用して用意している学生は少なくありません。
 
奨学金には「無利子で借りられる第一種奨学金」と「有利子で借りられる第二種奨学金」があり、それぞれの要件を満たしていれば併用も可能です。また、第一種奨学金と第二種奨学金では借りられる金額に違いがあるため、どれくらいの金額が借りられるかは把握しなければなりません。
 
特に第一種奨学金は大学に自宅から通う場合と自宅外から通う場合で異なり、自分の状況などに合わせて考える必要があります。第一種奨学金で借りられる金額について、図表1で紹介します。
 
図表1

月額貸与可能額 私立大学
自宅から通学 2万円・3万円・4万円・5万4000円
自宅外から通学 2万円・3万円・4万円・5万円・6万4000円

独立行政法人日本学生支援機構 平成30年度以降入学者の貸与月額を基に作成
 
私立大学で借りられる金額は自宅外から遊学で6万4000円が最高貸与可能額であり、年間で考えると6万4000円×12ヶ月=76万8000円です。そのため、第一種奨学金だけでは私立大学の学費はまかなえないため、第二種奨学金との併用をしなければなりません。
 
第二種奨学金は私立大学でも国公立大学でも関係なく、月額2万円から12万円の間で1万円刻みで選択できます。そのため、月額12万円を年間で考えれば12万円×12ヶ月=144万円です。
 
第一種奨学金76万8000円+第二種奨学金144万円=220万8000円が年間貸与額になるため、私立大学の学費は第一種奨学金と第二種奨学金の併用や、第二種奨学金だけでもまかなえます。第一種奨学金と第二種奨学金両方の要件を満たしている場合、無利子の第一種奨学金で借りて不足分を第二種奨学金で借りるのが一般的です。
 

まとめ

私立大学では4年間で学費が数百万円必要になるため、奨学金などを利用して学費を支払っている学生は多いといえます。奨学金の注意点として将来的に返還が必要であり、多く借りればそれだけ将来の返還負担が大きくなる点です。自分にとってどれくらいの奨学金が必要かについて把握して、借りる金額は決定しましょう。
 

出典

独立行政法人日本学生支援機構 平成30年度以降入学者の貸与月額
独立行政法人日本学生支援機構 第二種奨学金の貸与月額
文部科学省 私立大学等の令和3年度入学者に係る学生納付金等調査結果について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください