1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

サラリーマンお小遣いは、ピーク時で「約8万円」!? 2023年はいくら? 飲み会の費用やおすすめの「小遣い稼ぎ方法」も解説!

ファイナンシャルフィールド / 2023年8月17日 2時20分

写真

自身がお小遣い制でもそうでなくても、他の人がどれくらいお小遣いをもらっているのか気になる人も多いのではないでしょうか? 仲が良い友人に対しても、「お小遣いっていくら?」などとは意外と聞けないものです。   本記事では、男性会社員のお小遣い事情や、ちょっとしたお小遣い稼ぎの方法について解説しています。

会社員のお小遣いの平均は約4万円

会社員のお小遣いについては、新生銀行が調査・公表していますので、この結果を参照していきます。同調査によると、2023年の男性会社員の平均お小遣い額は月平均で4万557円であり、4万円台を超えるのは13年ぶりです。女性は3万5001円で最も高かった2014年の3万6712円に次ぐ金額となっています。
 
ちなみに、新生銀行では1979年以降、ほぼ毎年同調査をおこなっています。男性のお小遣い額が最も高かった時期は1990年代前半で、最高金額は月平均で7万7725円です。今からすると、かなりうらやましい金額ではないでしょうか。
 

男性会社員の飲み会費用や昼食代はいくら?

男性会社員の1ヶ月の飲み代は、外で飲む場合は平均で5770円、自宅では3359円です。なお、年代別にそもそも飲みに行くのかの調査をしており、全体では30.5%が「飲みに行く」、39.5%が「飲みに行かない(自宅では飲む)」と回答しています。つまり、飲酒している人は70%にのぼります。
 
1ヶ月の飲み回数は平均で2.4回であり、飲み代と回数で算出した男性会社員の1ヶ月の飲み代は1万3850円です。
 
続いて昼食代ですが、男性会社員の昼食代の平均は624円です。昼食の手段としては「持参弁当」が最も多く34.5%、2番目に多いのが「購入した弁当」で21.8%、3番目が「社員食堂」で15.9%などと続きます。
 
ちなみに、女性会社員の1ヶ月の飲み代は平均で9574円と男性の1万3850円より低いですが、昼食代は696円と男性をわずかに上回っています。
 

おすすめの小遣い稼ぎ方法

本調査においては、お小遣いが不足したときの対応についても記しています。結果としては、男性会社員は「使わずに我慢する」が59.3%で突出して高く、2位の「ポイントで買い物をする」の22.0%の倍近い差です。
 
お小遣いが不足したときには我慢することも大切ですが、昨今は副業をする人も増えてきているので、足りない分は稼ぐという選択肢も検討したいところです。
 
実際、同調査での副収入事情においては、男性会社員の13.5%は副収入があり、その平均金額は1ヶ月当たりで3万8956円です。副収入があれば、より自由なお金の使い方ができるでしょう。副業の手段はさまざまですが、例えばちょっとしたアンケートモニターやポイ活、フリマアプリでの不用品売却などは、特にスキルがなくとも気軽に始められます。
 
ただ、これらはあまり多くは稼げなかったり、売るものがすぐ無くなったりします。そこで、難易度は上がりますが、報酬が高い副業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。例えば、ネットや動画サイトなどでのライティングやWebデザイン、動画編集などが定番です。
 

まとめ

男性会社員のお小遣いは毎月約4万円で、飲み会や昼食代ではそれぞれ毎月1万円程度ずつ使っているようです。
 
お小遣いが不足する際には、節約することも考えつつ、副業も選択肢の一つです。自身が使える時間と相談しながら、検討してみるとよいでしょう。
 

出典

株式会社SBI新生銀行 「2023 年会社員のお小遣い調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください