1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

2023年10月の「酒税改正」晩酌を楽しみながら節約するならどのお酒?

ファイナンシャルフィールド / 2023年11月10日 1時20分

写真

2023年10月の酒税改正に伴い、一部の種類のお酒が値上げされています。特に第三のビールが値上がりの対象となったため、残念に思う方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、酒税改正によるお酒の販売価格への影響について解説します。

2023年10月の酒税改正で第三のビールが値上げ!

ビールや発泡酒と比較して、第三のビールは価格が安いことで知られていました。低価格でもビールに近い味わいが楽しめるため、好んで購入する方も多いでしょう。
 
しかし、2023年10月の酒税改正で第三のビールが増税の対象となり、商品の価格も値上がりしました。
 
酒税改正が行われる理由について、財務省は以下のように説明しています。
 
「類似する酒類間の税率格差が商品開発や販売数量に影響を与えている状況を改め、酒類間の税負担の公平性を回復する等の観点から、税収中立の下、酒税改正を実施します」
出典:財務省「酒税に関する資料」酒税改正(平成29年度改正)について
 
今回の酒税改正で、ビール系飲料の税率(350ミリリットル換算)は表1の通りとなりました。
 
表1
 

改正前 改正後
ビール 70円 63.35円
発泡酒(麦芽比率25%未満) 46.99円 変更なし
新ジャンル(第三のビール) 37.8円 46.99円

 
※財務省「酒税に関する資料 酒税改正(平成29年度改正)について」を基に筆者作成
 
なお「清酒」に関しては減税されて、1キロリットル当たり10万円に、また「果実酒」は増税されて、1キロリットル当たり10万円になりました。また「チューハイ等」は据え置きで、350ミリリットル当たり28円です。
 

酒税改正で10月以降のお酒の販売価格はどうなった?

お酒の価格に影響を与えるものは、酒税だけではありません。近年の物価高騰により、各社は価格改定を発表しています。例えばアサヒビール株式会社は、2023年10月1日出荷分からの生産者価格の改定について、以下のように発表しています。
 
「昨今の世界的な経済情勢により、各種原材料価格や容器包装資材、エネルギー価格に加えて、物流費などのコスト上昇が継続しています。このような厳しい環境の中、高品質で安心・安全な商品を安定的に提供するため、事業活動全体でコスト削減や生産性の向上に努めてきましたが、企業努力だけで吸収することが困難な状況なため、今回やむを得ず一部商品を対象に価格改定を実施することとしました」
出典:アサヒビール株式会社 ニュースリリース 「ビール類・その他樽詰酒類・焼酎・輸入ワインなどの価格改定について」
 
生産者価格の改定と酒税の増減によって、お酒の販売価格は影響を受けています。
 
「なんでも酒やカクヤス」によると、2023年10月以降におけるお酒の分類ごとの主な販売価格は、以下の通りです。
 
表2
 

分類 主な販売価格 備考
ビール 値下がり アサヒ生ジョッキ缶は据え置き、瓶・樽ビールは値上がり
発泡酒 値上がり 一部、価格を据え置く商品もあり
新ジャンル 値上がり
ワイン 値上がり 一部、価格を据え置く商品もあり
清酒 据え置き 一部、値上がる商品、値下がる商品もあり
ウイスキー 値上がり 一部、価格を据え置く商品もあり
焼酎 値上がり 一部、価格を据え置く商品もあり

 
※株式会社カクヤス なんでも酒やカクヤス「10月1日発泡酒・新ジャンルが値上がりします 10月~のカクヤスにおける販売価格」を基に筆者作成
 
10月から値上がりしているお酒がある一方で、缶ビールや一部の清酒は値下がりしていることが分かります。
 

10月以降は何を買う?晩酌を楽しみながら節約しよう!

今まで好んで購入していたお酒が値上がりすると、とても残念な気持ちになります。
 
しかし、第三のビールの酒税は2026年10月に再び値上がりして、ビール系飲料の税率は一本化される予定です。「値上がりはしたけれどまだまだ安い」と考えて、お気に入りの商品を楽しむのもひとつの方法でしょう。
 
またはこれを機に、値下がりしたビールや清酒を楽しむのもよいのではないでしょうか。好きなお酒を飲むのが一番ですが、家計と健康のことも考慮に入れつつ、節約を楽しみながら晩酌をしましょう。
 

出典

財務省 酒税に関する資料 酒税改正(平成29年度改正)について

アサヒビール株式会社 ニュースリリース ビール類・その他樽詰酒類・焼酎・輸入ワインなどの価格改定について

株式会社カクヤス なんでも酒やカクヤス 10月1日発泡酒・新ジャンルが値上がりします10月1日発泡酒・新ジャンルが値上がりします

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください