1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

光熱費が上がりやすい「冬」が来る!その前におさえておきたい「電気代」の節約方法とは?

ファイナンシャルフィールド / 2023年11月10日 4時30分

写真

寒い時季に悩みの種となるのが、高額になりがちな「電気代」です。冬の時季は、室温と機器の設定温度の差が広がり、消費電力が大きくなるため、電気代が高くなりやすいといわれています。   少しでも電気代を安くおさえるには、暖房器具の使い方を工夫することが大切です。そこで今回は、冬の電気代を節約する方法をご紹介します。   「電気代を節約しながら快適に過ごしたい!」とお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

暖房器具にかかる電気代を節約する方法

毎月の電気代をおさえるには、各暖房器具にかかる消費電力をなるべく減らすことがポイントです。使い方次第では、少ない消費電力でも快適に過ごせますので、これからご紹介する方法をぜひ意識してみてください。
 

エアコン

冬の間、エアコンの暖房をメインに使用するご家庭も多いでしょう。エアコンにかかる電気代をおさえるポイントは、以下の通りです。
 

●ドアや窓の開け閉めは少なくする
●床まで届く長さの厚手のカーテンを使用する
●サーキュレーターや扇風機を併用して暖かい空気を循環させる
●室外機の周辺に物を置かない
●エアコンのフィルターをこまめに掃除する
●暖房の設定温度は20度にする

 
エアコンを使用する際には、外からの冷気を入れないように注意しましょう。サーキュレーターや扇風機などで空気を循環させると、無駄なく部屋が暖まります。
 
また経済産業省によると、設定温度を21度から20度に変更すると、約1650円の節約につながるとのデータもあります。
 

ファンヒーター

ファンヒーターには、電気・ガス・石油などのさまざまな種類があります。それぞれにかかるコストをおさえるポイントは、以下の通りです。
 

●早めに電源を切る
●フィルターをこまめに掃除する
●ほかの暖房器具と併用する

 
ファンヒーターは、エアコンよりも即暖性に優れています。そのため、ほかの暖房器具との併用がおすすめです。部屋が寒い状態では、まずファンヒーターを使用して、暖まったらエアコンに切り替えるなどの工夫をしましょう。
 

こたつ・電気カーペット

こたつや電気カーペットを、ほかの暖房器具と一緒に使っている方もいらっしゃるでしょう。こたつなどの電気代をおさえるポイントは、以下の通りです。
 

●厚手のこたつ布団を使うか、2枚重ねて掛ける
●こたつに入るときには、1枚多めに着込んで上半身を温める
●電気カーペットは人のいる部分だけを温める(温める範囲を設定できる機能がある場合)
●部屋の広さに合った電気カーペットを使用する

 
こたつは熱が逃げないように工夫することで、低い設定温度でも暖かさを保てます。上半身が冷えやすいため、こたつのみで過ごす場合には、1枚多めに上着を羽織るとよいでしょう。
 
電気カーペットは、部屋の広さにあったサイズを選び、必要な範囲だけを温めましょう。
 

使い方を工夫して暖房器具にかかるコストを賢く節約

暖房器具の使い方によっては、電気代やガス代などが高額になりがちです。今回ご紹介した方法を実践して、節約しながら快適に過ごしましょう。
 
古い暖房器具を長年使用している場合は、省エネ機能が搭載された製品に買い替えることも選択肢のひとつでしょう。
 

出典

経済産業省 資源エネルギー庁 家庭向け省エネ関連情報 無理のない省エネ節約 エアコン

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください