1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

「ホームベーカリー」と「6枚切り食パン」の購入はどちらがおすすめ?

ファイナンシャルフィールド / 2023年11月14日 2時10分

写真

朝食といえば食パンという方も多いのではないでしょうか。ジャムやマーガリン、ハムや目玉焼きと、多彩なアレンジができるため、飽きずに食べられるでしょう。   本記事では、ホームベーカリーで食パンを手作りする場合と、スーパーやコンビニで購入する場合とで、価格にどれくらい差があるかを解説します。

1週間に1度ホームベーカリーでパンを焼く費用

今回は 一例として 「ホームベーカリー アイリスオーヤマ IBM-020-B」 を使用して食パンを焼く費用を算出していきます。この場合、ホームベーカリーの本体価格は 「9320円」 でした。
 
食パン一斤 (いっきん) を作る際の材料は以下の通りです。

・水:180mL
・強力粉:250g
・バター:18g
・砂糖:18g
・塩:4g
・スキムミルク:6g
・ドライイースト:2.7g

小売物価統計調査によると、バターは200gあたり488円、砂糖は1kgあたり260円、塩は1kgあたり111円です。そのほか、小売物価統計調査に記載のない材料については以下の商品を一例として採用しています。

強力粉:業務用 日清 カメリア 強力粉 1kg (505円)
スキムミルク:北海道スキムミルク 180g (383円)
ドライイースト:日清製粉ウェルナ スーパーカメリヤ ドライイースト ホームベーカリー用 3g×10 (312円)

今回、水道代や電気代はふくめないとして、一斤の食パンを1回焼くのにかかる費用の目安は 「216円」 です。

約126円(強力粉)+約44円(バター)+約5円(砂糖)+約0.4円(塩)+約13円(スキムミルク)+約28円(ドライイースト)=216.4円

 

ホームベーカリーの魅力

今回は食パンの材料と費用を紹介しましたが、ホームベーカリーがあれば、米粉パンや全粒粉パン、ピザ生地、うどん・パスタ生地、もち、ジャムなど、さまざまな調理が可能です。
 
機械に材料を入れてスイッチを押すだけの簡単な調理で、焼きたてのパンが楽しめます。週末にお子さんと一緒にパン作りをするのもおすすめです。
 

1週間に1度、6枚切りの食パンを購入する費用

小売物価統計調査によると、食パン1kgあたりの価格は 「527円」 です。6枚切りの食パン一斤の重さは 「敷島製パン パスコ 超熟食パン 6枚スライス」を参考に340gと仮定します。
 
340g÷1kg×527円=約179円
 
上記の試算により、6枚切りの食パン1つの価格目安は約179円です。1週間に1度、月4回、購入すると、ひとつきで716円となります(価格はすべて2023年11月時点)。
 
食パンはスーパーだけではなくコンビニでも販売されているため、手軽に購入できる便利な食品です。価格もおさえめなため、朝食として重宝するでしょう。
 

食パンを購入するメリット

食パンはコンビニやスーパーなどには、必ずといっていいほど常備されており、さらには低価格のため購入しやすい魅力があります。手軽に入手できるため、気づいたときに購入して自宅に保管しておけば、忙しい朝でもさっと準備して朝食を食べられるでしょう。
 

まとめ

ホームベーカリーを利用してパンを作るメリットとしては、食パンだけではなくピザ生地やもち、ジャムなど、さまざまな調理を楽しめることがあげられます。
 
ただし、食パンだけあればよい方で、安く、かつ素早く準備したい場合は、スーパーやコンビニで購入することをおすすめします。
 

出典

政府統計の総合窓口 (e-stat) 小売物価統計調査(2023年9月)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください