1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

毎日「ジュース」を消費する家庭も多いのでは? 紙パックのジュースと自分でミキサーで作るのは、どちらがいいの?

ファイナンシャルフィールド / 2023年11月25日 1時20分

写真

素早くビタミンや食物繊維を摂取できるため、紙パックのミックスジュースや野菜ジュースは重宝します。野菜が苦手なお子さんでも飲みやすい商品が多く、老若男女のどなたにでも活用できるメリットがあります。   しかし、毎日紙パックジュースを購入すると、気になるのが出費です。   当記事では、紙パックのミックスジュースを購入する場合と、自宅でミキサーを使って手作りする場合とで、どれくらい費用に差があるのかを紹介します。

紙パックのミックスジュースを3社で比較

まずは、紙パックのミックスジュースを1本ずつ購入すると想定して、3社の商品を比較します。今回は、紙パックのミックスジュースで検証しています。
 

メーカー名 商品名 希望小売価格(税別)
森永乳業 森永乳業 サンキスト 100%マスカットブレンド 200ml 120円
森永乳業 ピクニック フルーツオ・レ 200ml 118円
雪印メグミルク Dole(ドール) ピーチミックス 100% 200ml 115円

※参考リンクを基に筆者が作成
 
実際のミックスジュースの価格は、コンビニやスーパーなどの販売する場所によって異なりますが、今回は、市販価格を120円(税込み)と仮定して、消費金額を算出します。
 

紙パックのミックスジュースを月20本消費する場合の金額

先述したように、紙パックのミックスジュースの値段を120円と想定すると、1ヶ月にかかる費用は3600円です。
 
120円×30本=3600円
 
一般的な市販価格を参考にしているため、スーパーの安売りやまとめ買いを活用した場合は、さらに安く入手できるでしょう。
 

ミックスジュースを手作りする場合の費用

今回は、りんご・バナナ・オレンジを使ったレシピを参考に、手作りミックスジュースにかかる費用を算出します。まず、「小売物価統計調査」を参考に、食材の価格を以下のように仮定します。

バナナ1kg:333円
りんご1kg:718円
オレンジ1kg:623円

またレシピ(3〜4杯分の量)は、以下のとおりです。分量は目安ですので、作りながら好みの分量に調整してください。作り方は、材料をすべてミキサーにかけてよく混ぜれば、完成です。

バナナ:1本(140g)
りんご:1個(360g)
オレンジ:1個(240g)
水:300cc

約47円(バナナ1本)+約258円(りんご1個)+約150円(オレンジ1個)=約455円
 
ミックスジュースを手作りした場合、約455円で3〜4杯分のジュースが作れます。仮に1回で3杯分できるとすると、10回作ると1ヶ月分になります。
 
約455円×10=4550円
 
紙パックのミックスジュースと比べると、1ヶ月で1000円近く割高になることが分かりました。
 
ただし果物は、季節を選べば安く購入できるでしょうし、手作りは、自分の好きな果物や野菜を使って作れるという楽しさがあります。
 

ミックスジュースを手作りするメリット

ミックスジュースは、好きな果物や野菜をミキサーにかけるだけのため、簡単に作れます。また作ってすぐに飲めるため、食材の新鮮さを楽しめるでしょう。
 
好きな果物や野菜で作れるため、お子さんと一緒に食材を選んで作るのもおすすめです。毎回使う食材を変えれば、毎日異なる味を楽しめます。
 

まとめ

忙しくて、すぐに果物の栄養を摂取したい場合は、市販の紙パックジュースを、自分の好きな食材を入れて、毎日バリエーション豊かなミックスジュースを飲みたい方は手作りと、自分の好みや目的に合わせて、好きな方法で楽しみましょう。
 

出典

総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat)小売物価統計調査 第2表 主要品目の東京都区部小売価格【2022年9月~2023年9月】(2023年9月)
森永乳業株式会社 サンキスト100%マスカットブレンド
森永乳業株式会社 ピクニック フルーツオ・レ
雪印メグミルク株式会社 Dole(R) ピーチミックス 100%
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください