1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【かしこく節約】お風呂のお湯をそのまま捨てたらもったいない!「残り湯」を再利用するといくら節約できる?

ファイナンシャルフィールド / 2024年2月6日 2時10分

写真

家庭で使用される水のなかで、最も量が多いのはお風呂です。東京都水道局のデータによると、お風呂に使用される水は全体の43%とのことです。一方で、冬になると湯船に浸かる機会が増えて、水道代の心配も出てくるでしょう。   そこで今回は、お風呂で残ったお湯を再利用するとどれくらい節約できるのかについてと、残り湯の有効な活用方法や注意点についてもご紹介します。

お風呂の残り湯を再利用するといくら節約できる?

お風呂に入ったときに、残ったお湯を捨てずに再利用することで、具体的にどれくらい節約できるのかと、気になる方もいらっしゃるでしょう。お風呂に入れる量は各家庭で異なりますが、一般的な家庭では約180リットルの水を使用するとされています。
 
このうち半分の残り湯をほかの用途に再利用すると、1日90リットルの節水になり、毎日の再利用で1ヶ月に約650円(水1リットルあたり0.24円で計算)の水道代節約につながります。年間にしておよそ7800円です。
 

残り湯を活用する方法

お風呂の残り湯を有効活用すると、水道代の節約につながることが分かりました。ここでは、残り湯の活用方法をご紹介します。残り湯を活用するには、以下のような方法があります。
 

・洗濯

洗濯機は、家電製品のなかでも比較的使用頻度が高いといわれています。洗浄の場面で残り湯を活用することで、高い節約効果が期待できるでしょう。お風呂に入った夜のうちに洗濯することで、お湯で衣類を洗えるため、汚れ落ちもよくなります。
 

・掃除

家中の掃除にも残り湯を再利用できます。その日のお風呂掃除にはもちろん、玄関の泥汚れやトイレ掃除などがよいでしょう。ただし残り湯は汚れている水ですので、場所によっては、最後にきれいな水道水で流す必要があります。
 

・洗車

洗車に残り湯を活用することで、ホースで流し洗いをするよりも60リットルの節水につながるそうです。月に2回洗車すると、約30円の水道代節約につながります。
 

・庭の水やり

庭や植木鉢に、残り湯を散水することも有効です。ただし、冷ましてから使用するとか、入浴剤が入っていない残り湯を使用するなど、注意が必要です。
 
それぞれの生活スタイルに合わせて、うまく残り湯を再利用してみましょう。
 

残り湯を活用する際の注意点

残り湯を掃除や洗濯、庭の水やりなどに活用する際には、以下の点に留意する必要があります。


・残り湯をなるべく清潔に保つ
・入浴剤を使用した残り湯は活用できる場面が限られる
・洗濯のすすぎには残り湯を使わない

汚れた残り湯での洗濯や掃除は、使用後ににおいが発生する可能性があります。体を洗ってから入浴するようにして、残り湯をなるべく清潔に保つことがポイントです。
 
ただし、どんなにきれいに見えても、残り湯には皮脂などの汚れが含まれています。そのため、洗濯のすすぎにはきれいな水道水を使いましょう。残り湯が使えるのは、洗濯における洗いの工程のみです。
 
また入浴剤入りの残り湯は、再利用できる場面が限られます。色付きの入浴剤の場合は、洗濯に使用すると色移りの可能性があるため、注意しましょう。
 

残り湯を再利用すると1ヶ月で約650円の節約効果が期待できる

お風呂の残り湯を毎日再利用すると、約90リットルの水を節約できて、1ヶ月で約650円の節約につながります。残り湯は洗濯や掃除など、さまざまな場面で再利用できますので、上手に活用して、節水・節約を心がけましょう。
 

出典

東京都水道局 くらしと水道 水道のご使用について 水の上手な使い方
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください