1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

新しくパソコンを買いたいです。MacBookかWindowsで悩んでいるため、特徴や費用を教えてください。

ファイナンシャルフィールド / 2024年2月22日 23時30分

写真

パソコンを購入するときや、買い替えるときに悩むのが、特徴や価格です。質問者が候補に入れているMacとWindowsでは、パソコンを動かすためのソフトウエアであるOSや特徴が違うため、パソコンの使いみちなどが購入を検討するポイントになります。そこで本記事では、MacBookとWindowsそれぞれのメリットを比較します。

MacBookとWindowsパソコンの費用

MacBookとWindowsの費用として、それぞれの本体価格を説明します。
 

MacBookの本体価格

Apple社が販売しているMacBookシリーズには、「MacBook Pro」と「MacBook Air」があります。MacBook Proは、M3/M3Pro/M3Maxを搭載した3機種の14インチモデルと、M3Pro/M3Maxを搭載した2機種の16インチモデルがあり、M3Maxになるほど性能が高いです。
 
Apple Storeによると、MacBook Proの本体価格は、低くて24万8800円から高くて64万4800円と、差が開いています。
 
MacBook Airは、M1/M2を搭載した2機種の13インチモデルと、M2を搭載した15インチモデルがあります。Apple Storeによると、MacBook airの本体価格は、低くて13万4800円から高くて22万6800円です。
 

Windowsの本体価格

MacBookと同じノートパソコンで、Windowsの価格を説明します。価格.comのノートパソコン人気売れ筋ランキングで1位から10位までの平均価格を試算すると、Windowsのノートパソコンの平均本体価格は約9万円でした。パソコンのスペックや性能などで違いますが、費用面だけでいえば、Windowsのほうがメリットは大きいといえるでしょう。
 

MacBookのメリット

Apple社にはMacBookの他に、iPhoneやiPadがありますが、共通のAppleロゴが付いており、統一感のあるシンプルなデザイン性の高さが最大の魅力の1つです。さらに、普段からiPhoneやiPadを使用していれば、AirDropを使って写真やファイルなどを素早く連動できたり、同じアプリを共有したりすることができます。
 
また、MacBookの最大バッテリー稼働時間は、MacBook Airで18時間、MacBook Proで22時間と長く、仕事などで持ち運びする人にとってはメリットといえるでしょう。また、mac OSのアップグレードは無料で行えるため、MacBookのセキュリティ面は優れているといえるでしょう。
 

Windowsのメリット

mac OSは、Apple製品だけ搭載しているのに対し、Windows OSはシェア率が高く、対応ソフトが多いのがメリットといえます。さらに、GPUの増設や不用な機能を省け、カスタマイズ性も優れています。
 
必要なスペックや性能だけを搭載したパソコンを選べば、価格を抑えられるため、購入を検討しやすいでしょう。また、Windows製品の情報量が多いため、トラブルの対処法が探しやすいのもWindowsのメリットです。
 

MacBookとWindowsのメリットは使用目的で変わる

MacBookとWindowsの費用面だけでいえば、Windowsのほうがさまざまな価格帯の製品があるため、購入を検討するにあたってのメリットは大きいです。
 
また、Apple製品を他にも使用しているのであれば、MacBookを選ぶとアプリを連動でき、セットアップも簡単にできるというメリットも増えます。MacBookとWindowsのメリットは、自分のパソコンの使用目的などで最大に感じられるといえるでしょう。
 

出典

Apple Store MacBook
価格,com ノートパソコン 人気売れ筋ランキング
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください