1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

2024年4月から「相続登記の義務化」されたそうですが、対象物件や申告期限など内容が知りたいです。申告しなかった場合はペナルティーがあるのでしょうか?

ファイナンシャルフィールド / 2024年5月25日 4時30分

写真

2024年4月1日から相続登記が義務化され、相続した不動産の登記は期限内に行う必要があります。相続登記が必要なのに手続きを怠った場合は、過料が科されるので、注意が必要です。   また、過去に相続した不動産も義務化の対象となるため、本制度は多くの人に関係します。本記事では、相続登記の義務化の内容や期限などについて解説しています。

2024年4月から相続登記が義務化

2024年4月から、相続登記が義務化されました。相続登記とは、被相続人が所有していた土地やマンション、一戸建てなどの名義を、相続人の名義に変更する手続きのことです。
 
相続登記によって、その不動産の所有者が明確になります。これにより、不動産の所有権を第三者に主張できるようになり、名義変更に関するトラブルを未然に防ぐことが可能です。
 

相続登記が義務化された理由

相続登記が義務化された理由は、全国で所有者が特定できない不動産が増加傾向にあるためです。
 
所有者不明の土地や建物は、適切な管理やメンテナンスが行われておらず、周辺の環境や治安の悪化につながるリスクとなります。また、公共工事の進行を妨げることもあります。このような問題を解決するために、相続登記が義務化されました。     
 

相続登記の対象物件や申告期限

相続登記が義務化されたため、対象となる物件や申告期限について理解しましょう。相続登記の対象物件や申告期限は、以下のとおりです。
 
<対象物件>
相続によって取得した不動産は、相続登記の対象となります。また、遺贈や遺産分割が行われた場合も、相続登記の対象です。
 
<相続登記の期限>
相続登記の期限は、不動産を相続したことを知った日から3年以内です。したがって、令和6年4月1日以前に相続した不動産については、2027年(令和9年)3月31日までに相続登記を完了させることが必要です。     
      

期限までに相続登記しなかった場合

相続登記が義務化されたことで、前術の期限までに手続きを行わなかった場合には、10万円以下の過料が科されることがあります。期限内に相続登記を完了させれば、過料が科される心配はありません。
 

不動産の相続登記が義務化! 過去の物件も速やかに手続きしよう

不動産を相続する際は、相続登記の対象となるため、期限内に手続きを完了させる必要があります。過去に相続した不動産も同様に対象となりますので、まだ名義変更を行っていない方は、できるだけ早く手続きを進めることをおすすめします。
 
相続登記を終えることで、不動産の所有権を明確にし、トラブルを未然に回避することが可能です。また、期限を過ぎてしまうと過料が科される可能性もあるため、注意が必要です。
 
相続登記の義務化はすでに始まっていますので、今後不動産を相続する可能性がある方も、内容をしっかりと理解しておきましょう。
 

出典

東京法務局 相続登記が義務化されました(令和6年4月1日制度開始) ~なくそう 所有者不明土地!~
法務省 相続登記の申請義務化に関するQ&A
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください