1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

積み重なる心と身体への負担… 7年間の不妊治療の末に40代夫婦が導き出した答え

Finasee / 2023年11月8日 17時0分

写真

Finasee(フィナシー)

<前編のあらすじ>

テレビ局に勤める深沢裕子(43歳)は、連ドラのプロデューサーとして歴史に残るドラマを制作するのが夢だった。その夢を実現するため、キャリアの大きな節目になる30代前後の年齢を仕事優先で過ごしたかった。夫の直樹(43歳)も裕子の仕事に理解があり、夫婦で話し合って子供を持つのはお互いのキャリア形成にメドがたってからと話し合って決めた。ところが、妊活を始めても一向に妊娠の気配はなく……

●前編:「二度と経験したくない」キャリア優先のため妊娠を先送りした40代夫婦“妊活”の試練

まずは自然妊娠を目指して

裕子は基礎体温を毎日チェックし、基礎体温を記録して生理周期を可視化するアプリを直樹と共有した。そして、二人とも規則正しい生活を送るようにし、夕食の時間もできるだけ同じような時間になるように心がけ、残業などは極力回避した。また、不足しがちだという栄養素の葉酸やカルシウム、鉄分などはサプリメントで補うようにし、生殖機能を健康に保つために役立つといわれる亜鉛は二人でサプリを飲むようにした。さらに、裕子は身体を冷やさない方が良いという情報に基づいて、腹巻きをするようになり、毎晩のようにぬるま湯に30分以上つかる半身浴をするようにした。

裕子にとっては、このタイミングを逃すと、ドラマ班に戻った時に思い切り仕事ができなくなってしまうという危機感があったため、できることは全て取り入れた。身体を温めるためにハリを打つのがいいと聞くと、ハリ治療も受けてみた。ところが、半年たっても妊娠の兆候はなかった。30歳で自然に妊娠したことがあったため、二人で協力して妊娠しようと努力すればすぐにでも妊娠できると考えていただけに、半年を過ぎると毎月の妊娠判定に対するプレッシャーが非常に強くなった。

妊娠に不向きな体質に変わってしまった

もはや生理周期に合わせて妊娠しやすい日にベッドをともにすることすら気が重くなってきた。そこで、不妊治療で評判の高いクリニックを訪ねて検査を受けたところ、裕子に排卵障害の疑いがあることに加え、直樹には造精機能障害があると診断された。夫婦そろって妊娠には不向きな体質になってしまっていたのだ。その後、医師の指導の下で生活習慣の見直しやサプリメントの使用を行ったが、結果として妊活を始めて2年が経過しても妊娠には至らなかった。

その結果を受けて、二人で話し合った結果、人工授精を行うことにした。受精卵の冷凍保存を行った時に、二度と同じことを繰り返したくないと二人で話したが、自然妊娠が難しいと診断されたため、もう一度、人工授精にトライすることにした。洗浄・濃縮した夫側の精子を、妻側の排卵の時期に合わせて子宮内へ注入するという人工授精の費用は1回あたり3万円ほどになった。3回繰り返したが、裕子には妊娠の兆候が現れなかった。

次に、体外受精にトライした。検査から全工程を終えるまで70万円を超える治療費を請求された。しかし、この治療を行ったものの、受精卵が子宮に着床しなかったため妊娠できなかった。

心とからだの「痛み」

体外受精の流産率は高齢になるほど上昇していく。統計によると、25歳~29歳の成功率は40%以上、30歳~34歳では35%~40%に低下し、35歳~39歳では25%~30%に一段と下がるという。さらに、40歳~44歳では10%~20%、45歳~49歳では5%未満になってしまう。近年、35歳以上での体外受精の例が増えていて成功件数も増えていることは事実だが、成功確率はあまり変化がない。年齢が上がるほど、卵子や精子の受精能力が衰えていくことは避けられないためだ。

そして、採卵時に卵巣に針を刺すときの痛みが裕子には耐えがたいものに思えた。担当医師からは、1回の施術で妊娠することは難しいと事前に聞いていたが、さすがに、これ以上、採卵することは避けたいと思った。そこで、30歳の頃に人工授精させて冷凍保存してきた胚を使うことに決めた。「まだ若い頃の元気な卵子だから、きっと40歳を前にして作った受精卵より期待が持てる」と夫婦で話し合った結果だ。

2022年4月から不妊治療に保険が適用された(3割負担)ため、自己負担額は大幅に減った。しかし、裕子たちが不妊治療を受けていた頃は、保険適用になる前であり、不妊治療関係で使った費用は合計で700万円程度に達した。それでも、凍結させていた受精卵の胚を5つ使っても、妊娠できなかった。まる7年間におよぶ心の休まることのない妊活だった。4年間におよぶ不妊治療と700万円を超える費用を負担しても、その成果が「ゼロ」であった時に、裕子夫妻は立ち上がれないほどのショックを受けた。常にお互いの体調に気を使い、排卵日に合わせてさまざまな治療にトライしてきた日々が思い出されたが、それは決して良い思い出ではなかった。

7年間の妊活の結果、手にしたもの

夫婦は、担当医から不妊治療を諦めた方がいいと言われてから、徹底して話し合った。2人とも会社に行く気力がなかったため、翌日から3日間通して話し合った。2人にとって幸せだったのは、若い頃から大きな課題にぶつかると2人で徹底して話し合うことによって解決策を見いだすという習慣があったことだった。3日間にわたって結論が出ないような話し合いはさすがに初めてだったが、諦めずに話し合った結果、2人とも納得のできる結論に達した。この話し合いで分かったことは、2人ともお互いを必要としていて、夫婦であることを大切に思っていること。そして、妊活に取り組んだのは、子供を加えた家族を作りたかったためで、自分たちの精子や卵子を使った妊娠には特段こだわりがないということだった。

裕子が養子を迎えたいと言った時に、その気持ちを後押ししたのは30歳の時に流産してしまった子供だと思って育てたいということだった。裕子にとって意外だったのは、直樹もかつて裕子から妊娠を告げられた当時、生まれてくる子供と暮らしているさまざまなイメージが次から次に湧き出して、それが楽しくて仕方がなかったというのだった。その後、2人は養子縁組の仲介者の手を借りて男の子を養子に迎えた。

結翔(ゆいと)と名付けたその子を初めて抱いた時、裕子はおなかのあたりが柔らかくほっこりし、そこから温かい塊が花火のように広がっていくことを感じた。その翌年、裕子は直樹の子供を自然妊娠する。直樹は4人家族になることを夢見ていたと大喜びだった。裕子は、今度こそ流産しないようにと慎重に産科に通っている。

※複数の事例から着想を得たフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

文/風間 浩

Finasee編集部

金融事情・現場に精通するスタッフ陣が、目に見えない「金融」を見える化し、わかりやすく伝える記事を発信します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください