“誤審”に屈せず大逆転も…勝者の湘南に残ったわだかまり 「腹立たしい」の真意とは?

Football ZONE web / 2019年5月18日 6時1分

■湘南の曺監督、ハーフタイムに選手たちに問いかけ「やるか、やめるか」

 浦和レッズが湘南ベルマーレをホームに迎え撃った17日のJ1第12節、前半で2点のビハインドを負った湘南が後半に3ゴールを奪って逆転勝利した。そこにはミスジャッジに対する反骨心があった一方で、消化しきれない思いを勝者の側にも残すものになった。

 試合は大幅なターンオーバーを敢行した浦和が立ち上がりからペースを握った。それは前半25分までに2点を奪ったことにも証明され、湘南のMF梅崎司も「前半はレッズのペースだったし、みんな呑まれている感じもあった」と話した。それに対して、反撃の狼煙となったはずのシーンが同31分に訪れた。

 湘南は、中盤で前を向いたMF杉岡大暉が左足で強烈なシュート。ボールは右ゴールポストを叩いて左サイドネットに吸い込まれた。浦和のGK西川周作はゴールに入ってから外に出てきたボールを、すぐに味方のキックオフを促すような所作でセンターサークル方向に投げた。しかし、山本主審はそのままゴールを認めずにプレー続行を指示。まさかの事態に湘南ベンチも猛抗議をしたが、判定は変わらずゲームが続いた。

 結局、浦和が2-0とリードしたままハーフタイムを迎えた。まず、湘南の曺貴裁監督が山本レフェリーを中心とする審判団に対し、ピッチから引き上げる前に異議を申し立てた。しかし、そこでは判定が変わることなく、ロッカールームに引き上げている。そこで曺監督は、選手たちに「やるか、やめるか」と問いかけたという。

「(選手たちから)俺たち納得できないし、ピッチに立つことができないと言われたら、それを止めることは恐らく僕にはできなかった。彼らがやると言ったので、送り出しました」

 指揮官はハーフタイムの顛末をこう明かした。報道陣に配布されたハーフタイムの両監督コメントで、湘南側は異例と言える空欄だった。しかし、そうした成り行きだったからこそ、空欄にならざるを得なかったというのが実情だったのだという。

■逆の立場だったら? 曺監督が仮定の質問に回答「キックオフゴールを指示したかも…」

 一方で、選手はどのような状況だったか。梅崎は「(選手の間での意見は)ゴチャゴチャしてないですね」と語り、試合をボイコットするような意見は出なかったと証言している。

「切り替えてではないけど、ベルマーレらしく一致団結して強いエネルギーで向かって奇跡を起こそうと、同じ思いになった部分はあると思います。チョウさんも、ノーゲームにしても良いぞとハーフタイムに言ったんですけど、俺らは絶対に逆転しようという思いで臨んだので」

 結局、後半の湘南は4バックへのシステムチェンジもしてリスクも背負いながら、攻撃的な姿勢でゲームを運んだ。浦和のカウンターで危険な場面もあったが、梅崎は「内容を見れば奇跡でもなんでもないところまでできたかなと思います」と、その戦いぶりに手応えを話した。

 明らかなゴールだった前半の一撃について、曺監督は「僕は浦和レッズの監督ではないので、彼らの反応に言及すべきではない」としたうえで、逆の立場だったらという仮定の質問にもこう話している。

「湘南の選手にそういうことが起きた時に、もし選手たちが『ゴールインでした』という顔をしていたら、もしかしたら次のプレーでキックオフゴールを与えることを指示したかもしれないですけど、自信はないです。浦和の選手が早く始める気持ちも分かるし、レフェリーが決めることなので、ノーゴールと言えば彼らはそのまま進めるべきですし、良かったとも悪かったとも思わない」


MF梅崎司は「全力で言いたい」と語気を強めた【写真:Getty Images】

■MF梅崎が「全力で言いたい」と強調 「逆に3-0になっていたらどうなっていたのか」

 逆転勝利にも梅崎は「逆転できたことで美談にしてほしくないというのは、全力で言いたいです。さすがに入っているから、喜ぶでしょう。逆にカウンターを食らって3-0になっていたら(判断が)どうなっていたのか、それが気になります。腹立たしいですよ」と厳しい言葉を並べた。

 MF杉岡の一撃がノーゴール判定となった直後、主審はプレー続行を指示し、浦和のカウンターから、あやわ失点という場面を作られた。そこで決まっていたらどうなっていたのか。梅崎は素朴な疑問を投げかけている。

 湘南が2点ビハインドを45分間で跳ね返したサッカーの内容は素晴らしいものだった。そこに、前半の衝撃的なミスジャッジが絡んで美談になることは良いことではないだろう。あくまでも、それは彼らのサッカーとして評価されるべきだ。結局、この試合はどんな結果に終わっても両チーム、そのサポーターたちに釈然としない思いを残していたに違いない。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング