まるでキャプテン翼!? U-20日本代表、メキシコ10番への“4人包囲網”に海外注目

Football ZONE web / 2019年5月27日 12時20分

■U-20W杯メキシコ戦で、相手の10番ライネスに対して4人がかりでマークして封殺

 U-20日本代表は、現地時間26日にU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でU-20メキシコ代表を3-0で下し、決勝トーナメント進出へ前進した。FW宮代大聖(川崎フロンターレ)がバースデーゴール2発を挙げて存在感を示したなか、海外メディアはメキシコ代表の10番に対する日本のディフェンスに熱視線を送っている。

 試合は前半21分、宮代の技ありゴールで日本が先制すると、後半7分にFW田川亨介(FC東京)、同32分には田川との連携から宮代がこの日2点目を挙げ、強豪を3-0で撃破した。

 19歳の誕生日にバースデーゴールを挙げた宮代が注目を集めたなか、スペイン語版の米スポーツ局「Univision Deportes」は「10番に気をつけろ」と綴り、一枚の画像を公開している。

 試合中のワンシーンを収めたものだが、すでにメキシコのA代表も経験しているFWディエゴ・ライネス(ベティス)に対し、日本のMF山田康太(横浜F・マリノス)、FW鈴木冬一(湘南ベルマーレ)、MF藤本寛也(東京ヴェルディ)、宮代の4人が周囲を囲ってプレッシャーをかけている。投稿された画像では、世界的に有名なサッカー漫画「キャプテン翼」の主人公・大空翼が相手の5人ががりの包囲網に対峙した瞬間と比較している。

 コメント欄では、「メキシコのメッシが日本に恥を与える」と複数人を費やさせるほど脅威を与えたライネスを称える声もあれば、「面白い選択だ」と日本の守備に興味を示す者、逆に最終的にライネスは沈黙に終わったため、「メキシコ人にとって日本は最悪の相手だった」「彼に複数人つく必要はなかった」「最も不条理な比較」と厳しい評価を下す者など、賛否両論となっていた。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング