エクアドル代表監督、大会参戦で批判浴びる日本を異例擁護 前日会見一言で報道陣爆笑

Football ZONE web / 2019年6月24日 6時50分

■他国代表から日本に批判も… 敵将が援護「日本とカタールが来ているのは良いこと」

 FIFAランキング60位のエクアドル代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦で同28位の日本代表と対戦する(エスタジオ・ミネイロン/現地20時・日本時間25日8時)。前日会見に出席したエルナン・ダリオ・ゴメス監督は、大会参戦で批判を浴びる日本について「日本とカタールが来ているのは良いこと」と異例の擁護。さらにウィットに富んだ一言を飛ばして報道陣の笑いを誘った。

 今大会の日本代表は、拘束力がないためこれまでの主力を招集できず、東京五輪世代の若手を中心に編成。しかし、若手主体のチームで参戦した日本について“大会軽視”など批判的な意見がパラグアイやベネズエラ代表監督から挙がって話題となっていた。

 そのなかで対戦を控えたエクアドルのゴメス監督は「他のチームについて言うのは良くない。日本とカタールが来ているのは良いことだと思う」と擁護。今大会では日本とカタールのアジア2か国が招待されたが、敵将は「メキシコも来たことがあるし、他の大陸もある。こちらの大陸には10チームしかない。どのチームが招待されようが、我々はやっていく」と続けた。

 ゴメス監督は冗談とも本気ともつかない雰囲気を醸し出しながら、「コパ・アメリカ優勝とW杯の出場は相反する。チリもコパ・アメリカで優勝したが(ロシア)W杯に出場していない」と指摘。ウィットに富んだ一言に会場からは爆笑が起きている。

 敵将が対戦国の日本を援護するという一幕となったが、敵将の一言にその場は和やかな空気に包まれていた。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング