堂安律、絶妙アシスト供給の活躍にオランダ紙注目 「気持ち良くPSVに帰還する」

Football ZONE web / 2019年9月11日 10時30分

■日本は中島、南野のゴールでW杯予選ミャンマー戦に2-0勝利 堂安は追加点をアシスト

 日本代表は現地時間10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦。MF中島翔哉(ポルト)とMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2-0と勝利を収めた。MF堂安律(PSV)は2点目をアシストしたが、オランダメディアは「気持ち良くPSVに帰還する」と取り上げている。

 森保一監督は、5日に行われた国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じ先発メンバーをミャンマー戦のピッチへ送り出した。前半16分に中島が左サイドからカットインして強烈なミドル弾を叩き込むと、同26分にはペナルティーエリア左の手前でボールを拾った堂安が絶妙なクロスを供給。ファーサイドに抜け出した南野が頭で合わせ、追加点を奪った。

 オランダ紙「Eindhovens Dagblad」は堂安がアシストを記録したことを受け、「気持ち良くPSVに帰還する」と言及。移籍直後に代表招集を受けたため、まだ新天地でプレーしていないが、「今後の試合でPSVでのデビューを飾ることになる」と、早期出場が見込まれることにも触れていた。

 オランダメディアも代表での堂安の活躍にポジティブな印象を受けているようだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング