レアルがマンUに“挑戦状”!? ライバルが補強ターゲットとする逸材2人の獲得を画策か

Football ZONE web / 2019年10月21日 13時50分

■サンチョとホランドを補強ターゲットにリストアップ

 スペインの名門レアル・マドリードは、来夏の補強ターゲットとしてマンチェスター・ユナイテッドが狙っているイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)とノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランド(ザルツブルク)の獲得を目論んでいるようだ。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 今夏、レアルはチェルシーからベルギー代表MFエデン・アザール、フランクフルトからセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得したものの、彼らはここまでリーガ・エスパニョーラやUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で活躍できず。チーム状況も決して上向きではなく、補強失敗を主張する評論家も多い。

 そんなレアルはすでに来夏の移籍市場に向けたターゲットをリストアップ。そのうちの2人が、プレミアリーグの強豪ユナイテッドが狙う選手と被っているようだ。

 まず1人目はドルトムントのサンチョだ。2017年にマンチェスター・シティからドイツの強豪に800万ポンド(約11億2000万円)で移籍した男は、大きなインパクトをチームで残しており、現在は1億ポンド(約139億円)級の価値があるとされている。

 そしてもう1人が、ザルツブルクで日本代表MF南野拓実の同僚であるホランドだ。今季のCLで結果を残すだけでなく、ここまですべての大会を合わせて16試合で19得点を記録。圧倒的なパフォーマンスを見せ、多くのチームから関心を寄せられている。

 今季、なかなか結果が出ていないユナイテッドのターゲットとされる両者だが、もしレアルからオファーが来た場合、どちらを選ぶのだろうか。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング