ムバッペ、PSG同僚への不意打ち“股抜き”2連発が話題 「クール」「小さなネイマール」

Football ZONE web / 2019年10月21日 14時40分

■戦列復帰した20歳神童、公式ツイッターで練習中のワンシーンを投稿

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、負傷離脱が続いていたものの現地時間18日に行われたリーグ・アン第10節ニース戦(4-1)に途中出場。わずか7分間のプレーだったものの、後半43分にゴールを奪うと、同アディショナルタイム1分にはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディのダメ押し点をお膳立てし、1得点1アシストをマークした。復帰初戦で規格外のパフォーマンスを見せた20歳の神童は翌19日、自身の公式ツイッターを更新。ムバッペが練習中にチームメート2人へ、後方から不意打ちの“股抜き”を決めてはしゃぐ姿の動画を公開し、話題を呼んでいる。

 PSGで3シーズン目を迎えたムバッペは、8月25日の第3節トゥールーズ戦(4-0)でハムストリングを負傷し離脱。9月下旬にいったん復帰するも、今月5日の第9節アンジェ戦(4-0)を回避しフランス代表も離脱していた。思うようにプレーできず、リーグ戦では1得点にとどまっていたムバッペだが、18日のニース戦ではその鬱憤を晴らすかのように、7分間の出場で1得点1アシスト。再復帰初戦で、改めて神童ぶりを見せつけている。

 そんなムバッペが、19日に1本の動画を公式ツイッター上に投稿した。練習の合間のワンシーンを捉えた映像で、選手が次のメニューへと歩いて移動するなか、ムバッペは足もとに転がっていたボールを拾うと、タイミングを見計らいながら右斜め前方をうつむきながら歩くウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの足もとへ向けてキック。後方からの不意打ちのパスは両足の間を抜け、カバーニも一瞬驚いたように歩みを止めたが、すぐに転がったボールを拾いに行った。

 一方のムバッペは、“してやったり”と両手を広げて歓喜のポーズ。その勢いのまま前に小走りすると、再び転がっていたボールを拾い、今度は目の前を歩いていたイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティの股下を後方から抜いた。これには中盤の要も思わず苦笑。ムバッペは歓喜の雄叫びを上げると、バンザイをして喜びを露わにした。

 この一連のシーンに対し、返信欄では多くのファンが泣き笑いの絵文字で反応。「エクセレント」「かわいい」「クール」といった声のほか、チームメートに悪戯を仕掛ける様子を「小さなネイマール」「本物の子どもだ」とコメントする者もいた。また「マルコ(ヴェラッティ)はリベンジする」と予言したり、「良い雰囲気で完璧」など主力が復帰したチームの状態の良さを喜ぶコメントも見られた。

 10試合を終えたリーグ・アンでは2位ナントに勝ち点5差をつけて首位を快走。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループAでも2連勝で首位に立ち、22日には敵地でのクラブ・ブルージュ戦を迎える。悲願のCL初制覇へ向けて、“神童”ムバッペのさらなる爆発が期待されるところだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング