久保建英、レアル守護神との1対1シーンに韓国紙言及 「決定的なチャンスを掴んだが…」

Football ZONE web / 2020年11月22日 14時50分

■後半44分から途中出場し、終了間際に決定機を迎えるもゴールにつなげられず1-1ドロー

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、21日のリーガ・エスパニョーラ第10節レアル・マドリード戦(1-1)で後半44分から途中出場。短い時間の中でハイライトシーンを作ったが、韓国メディアは「決定的なチャンスを掴んだが…」と報じている。

 日本代表のオーストリア遠征に参加し、2試合に出場した久保は、再開初戦でいきなり“保有元”レアルとの一戦を迎えた。

 久保はリーガ3戦連続のベンチスタートとなったが、試合は開始早々の前半2分に相手FWマリアーノ・ディアスに先制点を奪われる苦しい展開。それでも、後半に入って徐々にビジャレアルに流れが傾き、後半31分にPKを獲得すると、これをスペイン代表FWジェラール・モレノが決めて同点とした。

 そして1-1で迎えた後半44分、MFモイ・ゴメスに代わって久保が投入される。トップ下に配置されると直後の後半アディショナルタイム、ペナルティーエリア左に走り込んだ久保がモレノのラストパスを受け、相手GKティボー・クルトワと1対1のビッグチャンスを迎えるが、右足でのインサイドキックは中途半端な形となり、決定機を逸することになった。試合はこのまま1-1の痛み分けに終わっている。

 韓国紙「朝鮮日報」は、「ビジャレアルは試合終了直前にクボが決定的なチャンスを掴んだが、ゴールにつなげられなかった」とし、勝利を手繰り寄せる絶好の好機を逃してしまったことを伝えている。

 26日にはUEFAヨーロッパリーグ第4節マッカビ・テルアビブ(イスラエル)戦が開催予定。前回対戦でアシストを決めているだけに、再びアピールしたいところだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング