1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

VARで「完全に凍りついた」 クロップ監督、 “茫然自失のリアクション”に英注目

Football ZONE web / 2021年4月12日 7時10分

■リバプールはアストン・ビラに2-1で逆転勝利も…ゴール取り消し時にクロップ監督が見せた反応が話題に

 リバプールは現地時間10日、プレミアリーグ第31節でアストン・ビラと対戦し、ホームで2-1と逆転勝利を収めた。本拠地アンフィールドでリーグ戦9試合ぶりの白星を飾った一方、英メディアは「ゴールを取り消すVARの判定に、クロップは完全に凍りついた」と見出しを打ち、ユルゲン・クロップ監督の茫然自失のリアクションに注目している。

 昨季30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールは、今季も一時首位に立っていたものの、昨年12月から急失速に陥り7位まで順位を下げた。それでも直近のリーグ戦で2連勝を飾り、復調の兆しを見せ始めているなか、6連敗中、8戦勝利なしの本拠地アンフィールドにアストン・ビラを迎え撃った。

 序盤から主導権を握るが、前半43分に一瞬の隙を突かれ、先制点を与えてしまう。それでも同アディショナルタイム、同点とする最大のチャンスが訪れる。イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドのロングフィードにポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが抜け出し、ペナルティーエリア左でチャンスを迎える。

 最終的にはゴール前のこぼれ球をブラジル代表FWロベルト・フィルミーノがネットへと押し込んだ。しかし、ここでVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入すると、ゴール直前のジョッタの抜け出しがオフサイド判定となり、同点弾は取り消しに。映像は何度も確認され、ジョッタと相手DFの間に線が引かれた状態でも明確にラインから出ているのか判断しかねる紙一重のジャッジとなった。

 このシーンは英メディアでも物議を醸しているが、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「ゴールを取り消すVARの判定に、クロップは完全に凍りついた」と見出しを打ち、同点弾がオフサイド判定で取り消しとなった際のクロップ監督について、「ショックで口を大きく開きながら凍りついた」と説明している。

 最終的に後半12分のエジプト代表FWモハメド・サラー、同アディショナルタイムに決まったアレクサンダー=アーノルドの得点で劇的な逆転劇を飾り、ホームで約4カ月ぶりの勝利を手にしたが、もし結果が異なっていたら、試合後は茫然自失のリアクションでは済まなかったかもしれない。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング