「優秀なのに内定が出ない」のはなぜ? 5つの原因

Forbes JAPAN / 2018年5月16日 7時30分

写真

以下は読者のペニーから寄せられた便りと、私からの回答だ。


私は今、転職活動で苦戦しています。でも、原因は私ではありません。私は多くの仕事に適した人材だと自負しています。

実際は、不採用の知らせさえもらえません。自分がふさわしい候補者だと分かっている仕事に応募したときでも何も返事がこないので、やる気がそがれます。

私には何が足りないのでしょうか? 一体何が原因なのでしょう。


ペニーへ

それは、採用プロセスがうまく機能していないからだ。残念なことに米国では、ほぼ全ての中企業・大企業(また小企業の多く)で採用プロセスが崩壊している。プロセスそのものが、修復できないほど壊れてしまっているのだ。

侮辱的で、速度がのろく非効率で、雇用主には高コストが強いられる。現在の採用プロセスには制度改革が切実に必要とされているにもかかわらず、企業は問題に取り組むどころか、問題を認識することさえなかなかできない状況だ。それでも求職者は、崩壊した採用制度のがれきの下をくぐり抜け、素晴らしい仕事を手に入れることができる。

募集中の仕事を楽にこなせるような適任の候補者が不採用になる理由のトップ5は次の通りだ。

1. 応募や履歴書をキーワード検索ソフトウエアが見逃し、誰の目にも触れなかった。

2. 候補者の経歴が求人広告の全要件を満たさないため、採用責任者に会うところまで進まなかった。

3. 候補者が、求人広告に掲載されていた特定の認定や資格を持っていなかった。

4. 1次面接まではこぎつけたが、面接官が仕事について何も理解しておらず、本来候補者を面接すべき人ではなかった。その人に、採用パイプラインから外されてしまった。

5. 経験があまりに豊富なため、高い給与を要求されるのではないかと思われた。

ルールに従っていては、自分にふさわしい仕事を得られない。現代では、良い仕事を得るためにルールを破ることが必要だ。

まずは、目標とする雇用主のリストを作る。求人広告に応募してばかりではいけない。あなたの才能を必要としそうな会社を書き出し、各企業の適切な部門の責任者に接触しよう。

興味がある会社をそれぞれ調査し、情報収集をする。あなたが接触すべき企業の採用責任者をリンクトインで探してみよう。見つかれば、責任者宛に手紙を書き、郵送する。オンライン応募フォームは、求職者のやる気を奪い、非人間的で機械的な採用プロセスに取り込んでしまうものだ。これは埋めないように。

名刺を作り、求職者としてではなく、コンサルタントとしてネットワーキング(人脈作り)を開始しよう。1時間当たりの料金を設定し、コンサルティングプロジェクトの受注を始める。自宅にこもり、誰かから連絡があるのを待っていてはいけない。外に出て、自分から機会を作ること。

リンクトインのプロフィールを更新し、転職関心シグナルをオンにして、リクルーターに自分が転職活動中であることを知らせる。あなたができる仕事ではなく、本当に就きたい仕事内容に応じた自己ブランドを作る。

現代では、誰もが起業家だ。事業主が会社を経営するように、あなたも積極的に、そして生き生きと転職活動を進めなければならない。

Forbes JAPAN

トピックスRSS

ランキング