社員15人で売上げ約20億、スイス高級時計ブランドの気骨

Forbes JAPAN / 2019年1月17日 12時30分

写真

2018年3月、サザビーズで16万2500ドル(約1850万円)で落札されて話題を呼んだHM6限定エディション・ピンクゴールド(limited edition in pink gold)は、まさに「時を刻むアート作品」だ。

米フォーブスによれば、メーカーであるマクシミリアン・ブッサー&フレンズ(MB&F)の創業者マクシミリアン・ブサーは31歳でハリー・ウィンストンの時計部門のプロダクトマネジャーに抜擢され、7年間で売上げを800万ドルから8000万ドルにした男だ。

その後自らの会社「MB&F」を友人たちと立ち上げると、「伝統的な時計製造の考え方をいったん去り、時間を刻むキネティックアート(機械じかけのアート作品)としてそれを再構築することに挑んだ」。

少年時代のSFファンタジーにヒントを得たレトロフューチャーな時計(「スチームパンク・タイムピース」)を年に300本作り、当時15人の社員で実に1680万ドルを稼ぎ出したという。売上げ総利益率は35%。社内にブサー以外管理職はおらず、社員は全員「フレンズ」の扱いだ。

ブサーは言う。「中間管理職は、クリエイティビティにとっての最大の敵の一つだ──彼らの職務は『冒険しない』ことだから」

デザインに300時間 6世代目は約1850万円で落札

MB&F社のシグニチャー的な一品「HM(ホロロジカル・マシーン)1」を生むにあたって、ブサーと、彼とともにハリー・ウィンストンから独立した友人はデザインだけになんと300時間を費やした。そして2018年11月、中東初、ドバイで開催されたサザビーズの腕時計オークションで「HM6 限定エディション・ピンクゴールド」が 16万2500ドル(約1850万円)で落札された

ちなみにこのHM6の発想の元になったのは、1978年11月から翌年12月まで、NHK総合で『未来少年コナン』に続くテレビアニメーションシリーズとして放映された日本SFアニメ、「キャプテンフューチャー」だった。


2016年に初パッケージ化され、発売中のBlu-ray BOX「キャプテンフューチャー」(初回生産限定・写真はVOL.1の描き下ろしアウターケース。 発売元:東映アニメーション・東映ビデオ 販売元:東映)。

無二の魅力は「驚き」、そしてノスタルジーへの回帰

ブサーは時計専門のメディア「HOROLOGIUM watches & more」に2012年、こう語っている。「クライアントたちがわれわれに期待しているのは「驚き」であり、わが社にとって一番のリスクは、クライアントをびっくりさせられなくなることだ」

さらに同メディアはこのようにも書く。

「ブサーの作る時計にはSFやテレビのファンタジー番組からの影響が大きい。ブサー自身も、自分のクリエイティビティは子供時代の影響を強く受けている、と言っている。少年時代、70〜80年代の記憶が、21世紀にMB&Fブランドの高級時計となって姿を現したのだ。そして、自分自身の子供時代の記憶を彼の時計に見るとき、人は強く強く惹きつけられる」

「「ノスタルジアへの回帰」がブサーに作品を作らせている。「大人になってから懐かしく思うだろうもの」など知りようもなかった子供時代の記憶。子供の頃はただの通過点だったが、大人になってから情熱が再燃するような風景、それがブサーの時計を目にした瞬間に蘇るのだ」  

SFアニメ「キャプテンフューチャー」は、人工生命の創造に成功した学者を父に持つ主人公が、父の残した”生きている脳”や人工人間たちの力を得て宇宙の平和と正義のために戦う壮大なスペースオペラだ。その世界をブサーが「HM6 限定エディション・ピンクゴールド」に再現した。

ドバイのオークション会場でこの時計に魅入られた人たちの胸中には、少年の頃まぶたに焼き付けた遠い宇宙への夢、憧れたヒーローの勇姿が、過去への郷愁とともにくっきりと蘇ったのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング