六本木がアートに染まる2日間「六本木アートナイト2019」

fudge.jp / 2019年5月21日 11時30分

写真

name = ChloéさんStudent可憐な小花柄ワンピースは、パリジェンヌから愛される...

 

六本木の街を舞台にしたアートの饗宴「六本木アートナイト」が、5月25日(土)・26日(日)に開催決定です!10回目の開催となる今回は「夜の旅、昼の夢」がテーマ。アジアの現代アート界を代表するアーティスト、チェ・ジョンファが手がけるメインプログラムをはじめとし、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品が街なかに現れます。

 

 

◼︎六本木ヒルズ「フルーツ・ツリー」

色鮮やかな果物や野菜をかたどった「フルーツ・ツリー」は、韓国のアーティスト、チェ・ジョンファによる作品。合成ビニール製の彫刻が、自然界と人工物の双方にある美しさを表現しています。

・日時:5月25日(土) 17:30〜5月26日(日) 6:00、11:00〜18:00

・場所:六本木ヒルズアリーナ

・参加料:無料

 

 

撮影:Kurt Perschke シカゴでの展示風景

 

撮影:Kurt Perschke シカゴでの展示風景

 

◼レッドボール・プロジェクト

これまで32都市で実現され、今回日本初上陸となる「レッドボール・プロジェクト」は、アメリカ人アーティストのカート・パーシキーによる周遊型パブリックアートです。ゴムボール出来たこの巨大な赤玉は、毎日移動を繰り返しながら、六本木の街なかを一週間にわたって巡回します。

・日時:5月20日(月)〜5月26日(日)

・場所:六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館、その他 1日1か所全部で7か所(予定)

・参加料:無料

※荒天の場合は中止の可能性あり

※展示時間と場所に関する詳細は公式サイトに掲載予定

 

 

撮影:Takuji Shimmura

 

撮影:Takuji Shimmura

 

◼FUROSHIKI TOKYO展

2018年秋、東京都はパリ市庁舎広場に大きな風呂敷包みを贈り、風呂敷の展示やインスタレーション、ワークショップを行ってその魅力を世界に発信しました。2019年六本木アートナイトでは、唐草模様の風呂敷パビリオンにて、パリで展示された各アーティストによるオリジナル風呂敷を日本初公開し、インスタレーションを通し風呂敷の魅力を発信します。

アーティスト:北野武、草間彌生、コンスタンス・ギセ、ジャンポール・ゴルチエ、ニコラ・ビュフ、蜷川実花、細川護熙 ほか(五十音順/敬称略)

・日時:5月25日(土) 10:00〜5月26日(日) 18:00

・場所:六本木ヒルズ 毛利庭園 ヒルサイド側(六本木ヒルズアリーナ横)

・参加料:無料

 

街なかに様々な作品が展示されるだけでなく、近隣の美術館やギャラリー、施設で開催されている展覧会での特別プログラムや、開館延長などの連動企画も行われるそう。5月25日(土)・26日(日)はアートだらけの六本木で非日常な週末を楽しもう!

 

 

「六本木アートナイト」

期間:2019年5月25日(土)10:00〜26日(日)18:00

開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、 六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

WEB:http://www.roppongiartnight.com

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング